« 白潟天満宮のお祭り | トップページ | Ubuntu + Apache2 + Ruby + ちょっとした手順 = CGI実行環境 »

2011/08/18

Mac(Apache) + Ruby + 少しの労力 = CGI

先日サービスを終了した松江SNSにて公開していた記事を少しずつ転載してみたいと思います。
ネタは古いですが、古いネタは意外とすぐにネットから消えてしまうようなので、きっと誰かのお役に立てるはず。

MacでApacheとRubyを使ったCGI動作設定のメモです。

調べてわかったこと

・設定ファイルは"/private/etc/httpd"の中
・個人用設定ファイルは"/private/etc/httpd/users"の「ユーザー名.conf」
 *Lepardでは"/private/etc/apache2/users"
・公開用ディレクトリは"/Library/WebServer/Documents"
・個人公開用ディレクトリはホームの中にある"Sites"

ということで、個人用設定ファイルを確認すると

<Directory "/Users/XXXX/Sites/">
Options Indexes MultiViews
AllowOverride none
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

となっているので、

$ sudo vi /private/etc/httpd/users/[ユーザー名].conf

を実行し、

AllowOverrride All

と書き換える。
ちなみにviでの上書き保存をして終了する方法は「esc」を押してから「:wq」と入力して「return」。

個人公開用ディレクトリに移動して、htaccessの設定を変更するため、

$ cd
$ vi ~/Sites/.htaccess

を実行し、

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .rb
DirectoryIndex index.rb

と入力。

システム環境設定で「共有」を選択し、サービスの「パーソナルWeb共有」にチェックを入れると準備完了。

下記のスクリプトを作って「text.rb」という名前で保存してみる。

#!/usr/bin/ruby

print "Content-type: text/html

"
print "Test"

ブラウザを立ち上げ、

http://192.168.0.28/~XXXX/test.rb

にアクセスし、無事にテストと表示されることを確認。

|

« 白潟天満宮のお祭り | トップページ | Ubuntu + Apache2 + Ruby + ちょっとした手順 = CGI実行環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/52502846

この記事へのトラックバック一覧です: Mac(Apache) + Ruby + 少しの労力 = CGI:

« 白潟天満宮のお祭り | トップページ | Ubuntu + Apache2 + Ruby + ちょっとした手順 = CGI実行環境 »