« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の4件の記事

2009/12/31

2009年総括

早いもので、もう今年も残すところあと1日。
今年もまたいろいろとありました。

ご迷惑をおかけした皆様、申し訳ありませんでした。
ご親切にしていただいた皆様、ありがとうございました。

ということで、ここ数年恒例になっている総括をしてみたいと思います。

1月

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテストへの応募に始まり(...落選でしたが)、11日の寒稽古が大きなイベントでした。
この頃からRubyでPDFを生成させることについて本気で調べ始めており、今年後半の取り組みの伏線になっていたように思います。

2月

Windows7のβ版を使い始め、Inkscapeの環境設定にも多少時間を割くようになりました。
使い始めて2年になる携帯が壊れはじめ、ここから5月に機種変更するまで3回も修理に出しています。
仕事では2010年度採用のためにプレゼンする資料を作りました。これは僕にとって良い勉強になりました。改めて、自分のいる職場の位置関係がわかったような気がします。

3月

Inkscapeの日本語版を作りはじめました。
OSCの準備委員会が発足して準備委員長に就任しました。これから5月の開催まで、忙しい毎日が続きました。

4月

次女が小学校に入学。
ハードディスクレコーダーを購入。
OSCはそれなりに準備が進行、NaClのお二人にはとても助けられました。感謝、感謝。

5月

ガントチャートforExcelが雑誌に掲載されました。
なんといっても、この月はOSC。12年に一度のホーランエンヤと同じ日で、人が来るのかどうか不安でいっぱいだったものの、そんな不安をよそに大勢の方に来ていただくことができました。
友人からフィルムの一眼レフカメラを譲っていただきました。
仕事ではISO27001の継続審査を受審、無事合格しました。

6月

MacBook Pro(型落ち)、iPhone 3Gを購入。
オープンソースサロンでOpenOffice.orgについて発表。
Inkscape0.47のβ版が出たので日本語化しておきました。

7月

Rubyで動くCMSの開発に着手。今ではほとんど更新しなくなってしまいましたが、これは職場のサイトを構築、更新するのに使っています。
妻が車をぶつけられてしまいました。

8月

空手で初段をいただきました。分不相応なのは百も承知しておりますが、頑張っていきたいと思います。
職場でお昼休みにパスタを茹でて食べるということをしてみました。それなりに好評で、今年は合計2回実施。来年も何かしてみようかな。

9月

Snow Leopardにアップグレードし、いくつか不具合があったものの圧倒的な速度に驚き。もう戻れません。でも、Inkscapeのβ版がうまく動かなくなってしまい、この頃から日本語版を作るけど使わないという変な感じになりました。今ではきちんと使えるようになっています。
レビュアとして参加していた書籍が発売され、見本をいただきました。
所属している団体主催の空手の大会があり、参加しました。残念ながら全て一回戦敗退でしたけど...
職場のサイトを更新。この頃からRubyを使って作った部署内ツールが定着し始め、どんどん作り込むようになってきました。

10月

地方のテレビニュースに出演。と言っても僕のニュースではないのですが...
Windows7が発売され、早速購入。Windows7もずいぶんと完成度の高いOSに見えるのですが、これでXPからの移行が進むのでしょうか。
職場にMacが導入されました。デスクトップ用途ではないのですが、これまで使ってきた部署内ツールのOSがRedhat EL 3だったので、ここからとても便利になりました。

11月

なかうみマラソンというイベントに参加し、5kmのコースを走ってきました。
職場内の資格認定試験を受け、12月に合格発表がありました。
空手教室の懇親会を企画。
RubyでPDFを生成ライブラリを、RFpdfからPrawnに変更。

12月

松江チャリティージョギング駅伝大会に去年から引き続き職場で参加。この様子が日本農業新聞に掲載され、そこにゴール直前の僕の写真が使われていました。今年は雑誌、テレビ、新聞とメディア露出度の高い一年でした(笑)。
仕事ではRubyを使って伝票作成システム、資産管理システム、文書管理システムなどを作り、PDFで帳票を印刷しながら利用しています。

という感じで、記憶していることを列挙してみました。
時期的な記憶間違いや、記載漏れなどもあるかもしれませんが、色々あったようななかったようなという一年でした。

仕事について、これまでは部署内ツールを作るときはいつも自分で企画をして作っていたのですが、年末頃になると「こんなことはできないか」というような話が出るようになってきました。獣道も同僚達に踏み固められて、これからのために良い道筋ができたような気がします。

こちらに戻ってあと3ヶ月で3年。
「石の上にも3年」と言われますが、これまでの経験を振り返ってみても、3年というのは何か節目のような気がします。良いこと、悪いことを含めて、何か大きなことが起きそうな予感がします。

幸い(?)、明日1月1日は出勤となっており、職場でじっくり来年の構想を練ろうかなと考えています。

それでは皆様、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

Ruby + Prawn v.s. Ruby + Rfpdf

先月からRubyでPDFを生成する際にPrawnを使用するようになったのですが、ここで一つ総括をしてみます。
これからRubyでPDFを生成したいという人の参考になれば嬉しく思います。

1. 生成速度

Prawnが圧倒的に早いです。

2. コーディング

PrawnもRfpdfもそれほど、面倒さは変わらない気がします。僕の書き方が悪いのかもしれないけれど、指定した位置に線を引いたり、テキストを描画する手順はどの言語でもそれほど変わらないかなという気がします。ライブラリさえあれば、C言語でも同じですものね。

3. 日本語の処理

Prawnが圧倒的に便利です。RfpdfはShift JISしか使えないので、UTF-8のデータからPDFを作ろうとすると文字コード変換時の文字化け対策に苦しめられます。Rfpdfでは内部の処理もみなShift JISが前提になっているようなので、UTF-8との相性が非常に悪い。
その点、PrawnはUTF-8で何の問題も無く使えるし、TTFも自由に利用できるので、とても便利です。

4. 設定

主にインストールについてですが、これはRfpdfがとても便利です。コピーするだけで使えるのでとても簡単です。Prawnの場合はGemでインストールする必要があり、無料や安価なレンタルサーバでは対応していないものもありますし、その場合には選択肢にはなり得ないです。

ということで、自分で環境を準備出来る人はPrawn、どこでも自由に使いたい人はRfpdfという感じでしょうか。
どちらでも同じように使えるラッパークラスとか作れば便利かもしれないですね...

各ライブラリに興味のある方は下記リンクにて詳細をご確認下さい。

Prawn

Rfpdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/06

松江チャリティージョギング駅伝大会に参加してきました。

今日、松江チャリティージョギング駅伝大会というのに職場の皆さんと参加してきました。
これは、総合運動公園にある陸上競技場を出発して、ジョギングコース(約3km)を5人が順番で走り、そのタイムを競うというものです。

昨年から参加しているのですが、今年は何か趣向を凝らそうといろいろと工夫して参加してみました。
それは、職場の関係から「みんなのよい食プロジェクト」の広告をかねて、ワッペンをつけたり、のぼりを立てたりするというものでした。

みんなのよい食プロジェクト

最初は簡単にできるだろうと思っていたワッペンの作成ですが、意外と難しくて、結局大会前の金曜日まで試行錯誤の連続でした。
やったことないことと言うのは、一見些細なことでも難しいものですね。

何はともあれ、ワッペンも完成し、のぼりも準備して当日は準備万端。

肝心の走りについては、チーム成績が68チーム中、46位と58位と全然なってないのですが、個人的には3kmを13分27秒で走り、約4.5min/kmで走れたからそれなりに満足。

僕はアンカーだったのですが、順位がそんな感じなので真剣に走ることも無いだろうということで、ゴール前の陸上競技場トラックへの入り口付近でのぼりを渡され、旗のように持って走りました。
これもなかなか辛い。
恥ずかしさよりも、3km走った体でのぼりを持って走るというのは、まさに「苦行」。風も強かったので、あやうく途中で投げ捨ててしまいそうでした...そんなことする勇気無いけど。

それとはほとんど関係ないけど、会場のスタッフに小学校の同級生がいました。
結婚する前に会ったのが最後だったので、10年ぶりくらいの再会でした。元気そうな姿を見て、懐かしく当時を思い出しながら、寒空の中だったけどちょっと暖かい気持ちになれました。
いろいろなイベントには参加してみるものですね。

駅伝大会終了後、妻が通っている教会でチャペルコンサートというのがあり、こちらを聞きに行きました。ホルンの素敵な音色に疲れを忘れる一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

あるドメインに参加しているWindows機の共有フォルダをMacにマウントする方法?

GUIでは、

1. コマンド + Kを押して、サーバアドレスに以下を入力

 smb://[サーバ名(ドメイン)]\[ユーザー名]@[サーバIPアドレス]

2. パスワードを求めるWindowにてパスワードを入力

CUI(ターミナルやシェルスクリプト)では、

$ mount_smbfs //[サーバ名(ドメイン)]\;[ユーザー名]@[サーバIPアドレス]/[フォルダ名] [マウント先のパス]
Password: [上記ユーザーパスワード]

ちなみに、ユーザー名の後ろへ「:[パスワード]」を追加するとパスワードの入力を省略出来ます。

も一つおまけに、パスワードに「; & ( ) | ^ < > ? * [ ] $ ` " ' { } [TAB] [SPACE].」いずれかが含まれる場合は\でエスケープしないときちんと動作しないようです。

[サーバ名(ドメイン)]はいつも必要というわけではなく、僕はこれに気がつかず...数日苦しんでしまいました。
O田君、ありがとう!

* 文中の「\」は半角文字で入力下さい。

P.S.
Macでは一度マウントした共有フォルダを別のパスにマウントしようとするとエラーが出るんですね。これも知りませんでした。Linuxではどうなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »