« 何か大きな事をしたかったら、まず小さな事で「変わった事をする奴だ」と思われてしまうのが近道なのかもしれない | トップページ | Ruby + Prawn = PDF »

2009/11/13

バイオリンリサイタルを聞きにいきました。

東出雲出身のバイオリン奏者、野々内夏子さんのバイオリンリサイタルが県民会館で行われ、知人の紹介で聞きに行ってきました。

久しぶりにバイオリンとピアノの素敵な生演奏を聞き、日頃の疲れが取れるようでした。
あまり音楽に造詣がなく、稚拙な表現しかできないので曲毎の解説は控えておいた方が良さそう...

長女がバイオリン、妻がピアノをやるので、二人ともとても一生懸命聞き入っていました。
帰ったら早速長女が「練習する」と言い出したりして、とても嬉しくなりました。

また、松江SNSにてこのリサイタルの紹介をしていたら、野々内さんがそれをご覧になったようで、帰りに少しお話をさせて頂きました。
これからもがんばって下さい。

さて、このブログも遅々として更新されないので、また生存記録として今月を振り返ってみたいと思います。

7日
妻がNPO法人おやこ劇場のイベントで留守なので、子供と一緒にちょっとだらだら。
100円の回転寿しで夕飯を済ませ、溜まりに溜まっているHDD内のデータ整理をしていました。もちろん終わっていません...というより終わるのか?...というより必要なデータなのか?

8日
小学校の発表会。長女(3年生)は歌とリコーダーの演奏、マットや跳び箱の披露で、次女(1年生)はミュージカルタッチな歌の披露でした。他の学年の子もみんな、一生懸命練習した成果が表れて、見ていてとても気持ちよかったです。
最後に茉奈佳奈の「いのちの歌」を全校生徒で合唱したのですが、中には感動の涙を流している親御さんもおられました。
こういう事に感動し、幸せを感じられるのは、子を持つ親のささやかな特権なのかな。

12日
空手の昇級審査。本当は8日だったのですが、我が子と同じ学校に通う子供は上述の通り発表会だったので参加出来ず、予備日を設けてもらいました。
正直、子供達の上達ぶりに驚きました。
今年に入って教室生が4人もやめてしまうというハプニングもありましたが、残っている子供達が一生懸命練習している成果を見る事ができて、何となく救われたような気持ちになります。
もう1年間昇級出来ていない娘達も、審査中に指示されたことがわからないでおろおろしたり、きょろきょろと回りを見たりする事無く、正面を向いて技を披露することができるようになっていて、成長を感じさせられました。
僕もがんばらないとだめですね。

13日
バイオリンリサイタルがあったのは上述したとおりですが、もう一つ「カキが届いた」というのがあります。地元に戻ってから知り合ったタケボン氏のつながりで、去年から岡山のカキを一斗缶で何度か購入していて、今年もその注文の品が届きました。送料込みの約6,000円で、殻付きのカキがおよそ200個入っていました。もちろん我が家のみでは食べきれないので、職場の有志を募って共同購入し、4人で分けて帰りました。
子供もカキが大好きなので、とても喜んでいます。
来月もう一回注文するから、また声かけますよ。>なまさん。

他にも、amazonからWirewire800to400のケーブルが届きました。MacBook Pro(Late 2008)にしてからFirewire400のポートが無くなり、これまで昔の機器が使えずちょっと困ってましたが、これで復活。

また、詳細を語る事はできないものの、家で作って職場で動かしていたRuby製の文書・資産管理Webアプリケーションの導入が(半ば強引ではあったものの)正式に決定しました。しかもWindows全盛の職場において、家の開発環境と同じリンゴのマシンを使用することにまで許可が出て、早速発注、発注!!
購入に至るまでには一悶着どころではないごたごたもありましたが、来週には納品されるであろうマシンに心がワクワク、ウキウキ。
最終的にはそれを使って何がしかの成果を出さないといけないので、実際の苦労はこれから始まるのかもしれませんが、今はそんなことを少し忘れて浮かれていたい気分。

というところで、生きてますよ。
反省はたくさんしているものの、未だに大騒ぎする癖が治らない日々を送っています。

|

« 何か大きな事をしたかったら、まず小さな事で「変わった事をする奴だ」と思われてしまうのが近道なのかもしれない | トップページ | Ruby + Prawn = PDF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/46756825

この記事へのトラックバック一覧です: バイオリンリサイタルを聞きにいきました。:

» 請求書 書き方 [請求書 書き方]
請求書の書き方についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009/12/04 14:12

« 何か大きな事をしたかったら、まず小さな事で「変わった事をする奴だ」と思われてしまうのが近道なのかもしれない | トップページ | Ruby + Prawn = PDF »