« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の7件の記事

2009/01/30

かけ算九九の練習問題

子供が九九をなかなか覚えないので、ちょっとスクリプトを作ってみました。

def mondai

  x = (rand * 8).to_i + 2
  y = (rand * 8).to_i + 2

  print "#{x} x #{y} = "

  z = gets

  if z == "q\n" then
    exit
  elsif x * y == z.to_i then
    print "正解 "
    flg = true
  else
    print "はずれ (#{x * y}) "
    flg = false
  end

  return flg

end

i = 0
r = 0

while true

  if mondai then
    r += 1
  end

  i += 1
  print "#{r} / #{i}\n"

end

これを「test.rb」として保存し、次のコマンドで問題開始です。

$ ruby test.rb

終了するときは「q」を入力して下さい。

この程度の計算はすぐにできるようになってね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/28

恥と後悔と反省と義務

僕が子供の頃、僕はいつも大人に叱られていた。
同世代の子供と比較されながら、何かする度に怒られていた。
確かに、今考えてみれば愛想の無い、叱られやすい子供だったと思う。

今、その時僕を叱った大人を大人になった僕が見ている。
その時僕を叱った大人の子供を大人になった僕が見ている。

他人を叱る人は、叱られるような事をしている人が多いのかもしれない。
自分は良くて人はだめだから、人の悪いところが目につくのかもしれない。

そして、僕もまた僕を叱った大人と同じかもしれない。

良くない行ないを悪いと言わないのはとても簡単。
良くない行ないを悪いと言うのはちょっと難しい。
良くない行ないを悪いと認識するのはもっと難しい。
良くない行ないを正すのはとても難しい。

難しいからやらなくて良いと考えるのはとても簡単。
難しいからやらなかったことを後で挽回するのはとても難しい。

多くの人にとって、人の失敗を本人にわからないよう後ろでささやき合うのは最も簡単で楽しく、気分が良いものみたい。

あの人はそういう人だから...悪い意味でこの言葉を使われた時、それは自分だけの危機ではなく、一族の危機かもしれない。
考え過ぎかもしれない、でもそれが現実のような気がする。

それはうまくいったのか?
終わっただけなのか?

恥ずかしいことを恥ずかしい事と認識し、
良くない結果には悔しさを感じ、
何が悪かったのかをきちんと見直し、
為すべき事を為す。

「大人ってなんだ」とか「不文律はなぜあるのか」ということを深く考えさせられる一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/18

Ruby FPDFでA4横のPDFを作る

昨日の続きでRuby FPDFをいじってます。
出力したい帳票はA4横なので、どうするか調べてみました。

意外とあっけないですが、メモしておきます。結論から書くと、

pdf=FPDF.new("L", "mm", "A4")
とするだけでした。

ということで、完成サンプルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

再びRuby FPDF

以前、と言ってもずいぶん前ですがRuby FPDFについて少し試行して、そのままにしていましたが、今日、Matsue.rbに参加してRuby FPDFを再び触ってみる事にしました。

まず、前回の記事で紹介したサンプルは手違いで消してしまっていたようなので、それを再び作成。

そして、それから色々な文字列を表示して試しているとちょっとおかしい。
「表示」という文字を書いても、「侮ヲ」なる文字に置き換わってしまいます。

表示できないサンプル

で、このMatsue.rbを企画した高尾さんに声をかけてみると、UTF-8からShift JISに変換する場合に起こる有名な現象との事...

有名な現象なら誰か何かしているはず...と調べてみたらこんなページがありました。

文字化けについて

特定の文字の後ろに「¥」を入れれば良いみたい...ということで、このページを参考に次のようなスクリプトを作成。

def utf_sjis(str)
ss = "―ソЫⅨ噂浬欺圭構蚕十申曾箪貼能表暴予禄兔喀媾彌拿杤歃濬畚秉綵臀藹觸軆鐔饅鷭偆砡".split(//u)
tmp = str
ss.each {|c|
tmp = tmp.gsub(c, c + "¥")
}
return tmp
end
で、このスクリプトを通したら、こんな感じになりました。

表示できたサンプル

良かった、良かった。
ちなみに、文字コードの変換にはIconvを使用します。なぜかはわかりませんが、他の方法では文字化けしてしまいました。

下のテキストボックスに適当な文字列入力して「送信」してみて下さい。入力した文字列がPDFに表示されます。

下記は表示に使っているソースコードです。興味のある方がおられましたらご参照下さい。

「example1c.rb.txt」をダウンロード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/11

2009年 寒稽古

今日は寒稽古でした。

090111

朝、9:00に海岸近くの公民館に集まり、10:00まで海岸掃除。

数年前にハングルの書かれた漂着物が海岸に届いて問題になった事があり、その時に多くの日本人がそのことについて批判していましたが、今日僕が目にしたゴミの多くに日本語が書かれていました。
最近、色々と反省することの一つに「人に言うなら、自分はきちんとするべき」ということがあります。僕は批判的な言葉をよく口にしていましたが、自分のやっていることとの矛盾を目にする事が多く、とても恥ずかしい思いをしています。
そして、この海岸を見て、改めて自分の恥ずかしさを痛感させられました。

10:00から後片付けと着替え、10:30から海岸で寒稽古。

内容は1000本突き。前に並んだ先生方の号令に従って、全員が中段の突きを1000本突くというものです。今日の日本海側は雪でした。小学生低学年や幼稚園児も参加していたので、始まってからは鳴き声ばかり...自分の下の娘もずっと泣いていました。

ところが、しばらくすると下の娘の顔が固まってまともに呼吸をしていように見えたので、先生に断って後ろのたき火に下がらせました。しかし、そんなことをしたのは僕の子だけで、他の子はみんな大き泣きしながらも最後までそこに立っていました。
ここで、猛反省。「お前は何をしに来たのか」という話ですよね。まったく、年初めから何をしているんだか...ちなみに後日談があって、寒稽古後の昼食で下の娘に「良くなかったね」と話をしていたら、「お父さんが後ろに行って良いよって言わなかったら私行かなかったのに」だそうです。色々反省させられます。

寒稽古中は雪が少しちらついてはいましたが、突きをしていれば体もあったまり、海に足を入れると海の水の方が暖かかったりして、結構良い調子でしたよ...でも、それはそこまで。
終わった後...足の感覚がおかしい...しかも砂浜だったので、足にいっぱい砂がついた状態でサンダルを履いて歩くと、激痛が...

子供達にとってはこれが一番辛かったのではないでしょうか。そこらじゅうから「もうお家に帰りたい〜!」という声が聞こえていました。

公民館に戻ってから、各自で持って来たおにぎりと保護者の方が準備して下さった豚汁で昼食です。
その後、それぞれの教室毎に一人一人が今年の抱負を言って終わりでした。

僕の抱負は「けがしないようしっかりと練習する」です。
さて、今年も一年頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

一年の計は元旦にあり

ということで...今日は元旦ではないですが、元旦に立てた目標と近況を記事にしておきます。

まず、目標は「波を立てないで、穏やかな事」です。
僕は結構短気で、すぐに腹を立てるところがあり、よく言動にそれが表れてしまいます。しかし、そんなことをしていたのでは困る事が多々あったので、これを改善したいというのがこの目標。

かみさんとの約束は「いつも部屋をきれいにすること」...何だか子供みたいですが、僕の部屋ははっきり言って乱雑です。年末の大掃除では掃除しきれなかったので、元旦から掃除を始め、今はこんな感じ。

20090107

今年はこれを維持できるよう頑張ってみたいと思います。

また、年末年始と雑多に色々あって、このブログもかなり停滞気味でしたが、今年はもう少しきちんと更新したいものです。

と言ったところが、今年の目標でした。

次に、直近のニュースとして、「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」なるものに応募してみました。

松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト

去年の11月から告知されていて、ざっくりと原案を考えたままデスクトップに応募用紙がおいてあったのですが、〆切が来週の火曜日(1/13)なので、昨日あわてて掘り起こして提出してみました。

きっと全国から「我こそは...」という強豪が応募しているに違いないので、僕の「日曜プログラマーによるお小遣い稼ぎ」的なプランが入選するとは到底思えませんが、これまた宝くじを買わないと当たらないのと同じで、応募しないと入選する事はできません。僕の応募用紙を読んだ事務局の人からは、「入選する気があるならもう少しきちんと考えろよ!」という声が聞こえてきそうですが...

このコンテストでは、入選した方が最終審査会へ参加する場合に松江までの旅費を出してくれるそうです。もう〆切が近くなってはきましたが、もしNHKの「だんだん」を見て「島根に行ってみたい」と思っておられる方がおられましたら、この週末の3連休はどこへも行かずにビジネスプランを考えてみられてはいかがでしょうか。

さぁ、いろいろ考えているあなた。これは、あなたのためのコンテストかもしれませんよ。

ということで、これから入選者発表までわくわくできそうです...って、きっと連絡は来ないだろうけど。

では、あらためまして、

旧年中は大変お世話になりました。
つたないブログではありますが、
本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/02

元旦からパソコンのセットアップ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、昨日はしなくてはならないことがあったのに、大晦日の夜に一緒にしようと言っていた人が遅くまで飲んで酔いつぶれ、いきなり時間ができたのでパソコンの整理をしていました。

で、あるWindowsデスクトップの配置を変えたらLANケーブルが足りなくなったので、無線LANに変更。

使ったのはUSB接続のこちらの製品。

CG-WLUSB2GL

サイトを見ると、WindowsXP SP3はドライバが標準添付のものでは動かないとのことなので、さっそくダウンロードし、セットアップしてみるも我が家の無線LANに接続できない。
無線LANルータも同じメーカーなのに、接続できないなんて...

ということで、接続まで四苦八苦した顛末を記録しておきます。

まず、範囲内にあるアクセスポイントを選択して接続ボタンを押しても「範囲外にあるか無線LANのアクセスポイントがありません」と言われて接続できないというのが症状でした。
そこで、無線LANのアクセスポイントの情報をあらかじめ設定したら接続できるようになりました。

1. ネットワーク接続から対象の接続先のプロパティを表示します。

200901021

2. 優先ネットワークの「追加」をクリックし、必要事項を入力し、OKボタンを押す。
注意点として「□このネットワークがブロードキャストしていない場合でも接続する(N)」にチェックを入れる事。

200901023

3. 優先ネットワークに設定したアクセスポイントが追加されていることを確認して、OKボタンを押す。

200901024

4. ワイヤレスネットワークを選択し、接続ボタンを押すと接続成功!

200901025

...まったく、元旦から何やってるんだか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »