« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の7件の記事

2008/06/22

Microsoft Basic Optical Mouse

080622
以前の記事で書いたようにiMacに付属してきたMighty Mouseの調子が悪くなって、分解修理はしてみたもののやっぱりだめで、タブレットをマウス代わりに使っていました。

でも、タブレット(Intuos2)は電力消費量の関係からMac用キーボードについているUSBポートで動作しないので、これまた不便。

ということでマウスを買いました。

今年開店したコジマに行ってマウスを見比べていると、一番手にしっくり来るのがMicrosoftのマウスでした。

人それぞれ手の形が違うから、手に合うマウスはそれぞれだと思うけど、僕は結構Microsoftのマウスが良く合うみたいです。これまでを考えてみても、PS2ポートの時代からMicrosoftのマウスが使いやすいと感じて長く使ってきました。

今回買ったUSBマウスは程よく白くてMacにも合って、とても良い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

空手道2級

今日も空手に行きました。
武道館はとても気温と湿度が高く、ちょっと体を動かすだけで大粒の汗が流れます。そのうちだんだんと息苦しくなってくるので、今年入った白帯さん達に教えるついでにちょっと休憩してみたりして...

最近、少し組み手の練習が増えてきたので、徐々に目が慣れてきて良い感じ。

練習の後に、先月の昇級審査の結果が発表され、長女は6級で僕は2級に昇級していました。
これからも頑張りましょう。

そういえば、今年の2月に@niftyのビデオ共有サービスに公開した型の動画がそれなりに閲覧されているみたいです。コメントもいくつか頂いているようですが、閲覧数が多いと「やってて良かった」という気になったりモチベーションが上がったりしていいですよね。
こっちもまた新しく撮って公開できるよう頑張りましょう。

以下に、動画のまとめのリンクを作っておきます。
また、ご指摘や感想などありましたら気軽にコメント頂けると嬉しく思います。

糸東流 平安初段
糸東流 平安二段
糸東流 平安三段
糸東流 平安四段
糸東流 平安五段

糸東流 平安初段(編集版)
糸東流 平安二段(編集版)
糸東流 平安三段(編集版)

松涛館流 平安初段

松涛館流 慈恩」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

松涛館流 慈恩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

お金にまつわる勘違い

ちょっと考え方の一例として極端な事を書いてみます。

「お金を稼ぐ」...実のところ、これは現実にとても密接した仮想なのです。

ソフトウェアで考えてみましょう。
WindowsのCDを持っていても、Windowsはその人のものではありません。
WindowsはMicrosoftのものであって、WindowsのCDを手にした人はWindowsを使用する権利を得ただけです。

お金はどうでしょう。
お札を見るとなんて書いてありますか?
「日本銀行券」...お金を持っているということは、それが自分のお金ということではなく、ある種の権利を含んだチケットを持っているだけなのです。それは国がサービスを提供しているチケットです。
とても広く流通したチケットなので、もちろんそこに関する権利は広い範囲で利用でき、とても便利なものではあります。

税金、健康保険、年金...と色々なところでお金を取られて文句の一つも言いたくなるかもしれませんが、それはお金を使っている以上、サービスの提供者が決めることができるものでもあるのです。

お金は利便性を向上させるのに有効な道具にすぎない。
しかし、とても広く流通しているから、利便性だけではなく、とても大きな公共性を有し、その扱いに身勝手な事ができないのも事実です。

この事実を知っている人は、何かしらのお金に似た物を作ろうと試みます。

僕たちは労働の対価がお金であるため、勘違いをしてしまいやすい。

ゲームやアニメの世界に没頭している人を見て、バーチャルなものは人をおかしくすると声高に叫ばれていますが、お金はどうでしょう。

お店に行き、お金を出せば何でも手に入る。
それが良い事だと言う人もいるし、そうなるために努力している人がいるのもわかるけど、考え方を変えればそれは仮想の世界とも言えるのです。
季節外れの野菜、外見だけ同じで材料の全く違う食品、本来ならばここで入手できるはずの無いような遠い国のものが棚に並び、場合によっては信じられないほど安価で手に入るこの世界は本当に現実ですか。

原油高騰...ある種のシステム障害です。
数年前にも株式分割というシステムのバグをついた攻撃により、システム障害が発生しましたね。

ゲームやアニメは、きちんとそれが仮想、空想の世界なのだと理解している人が見れば良いけど、それに没頭したら現実と仮想の区別がつかなくなってしまうという意見は至極尤もです。

では、お金社会はどうでしょう。
目の前にあるこの現実みたいな世界だって、実は仮想世界の一部だという考え方もできるのではないでしょうか。
その中で、それをそれだとしっかり認識しないで生活していれば、現実と仮想の区別がつかなくなってしまうのはゲームやアニメとどこに違いがあるのでしょう。

お金は自分のものではありません。

その事を念頭に置いてもう一度この世の中を見直してみると、おかしな事がいっぱい見えてきて、楽しくもあり、悲しくもあります。

もちろん、お金という存在を否定するつもりはありませんし、今の社会で生きるためには必要不可欠なものだとも思います。
ただ、それに依存しすぎることで様々な障害が発生しやすくなっているという気がしてなりません。

そろそろ物々交換という手段を見直してみる時期だったりしませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/07

第29回オープンソースサロン

今日はオープンソースサロンに参加するだけではなく、お話を少しさせて頂きました。

しまねOSS協議会 OS4

テーマは以前の記事でも少し書きましたが、「OpenOffice.orgによるマクロアプリケーションの作成」で、僕とOpenOffice.orgの関わりや作ったマクロアプリケーションの紹介がその内容です。
発表という機会を通してOpenOffice.orgとのつながりを改めて見直してみると、意外に古くから使っているものだなと実感させられました。

30分という時間は言いたい事に対して少し短く、うわべをさらりと流す程度になりましたがいくらか詰め込み過ぎな感がありました。
ちょっと早口で話しすぎたためか、皆さんによく理解して頂けたかどうか不安を感じていたら、懇親会で「早口でした」とやっぱりご指摘を頂きました。

でも、20代前半の頃に発表下手で知られていた僕が、こうした全然畑違いの場所で話などしていることを昔の知人が知ったらさぞ驚く事でしょう。

次に吉田智子先生のお話で、オープンソースの歴史について「こっちが主流なのだ!」と熱くお話されていました。

毎度のことですが、この発表もまたログを書き込んでおきましたので、僕の発表の資料と合わせて下記リンクを参考にしてみて下さい。

松江SNS オープンソースサロンです

そういえば、松江SNSでトモダチに登録してあるsuppyさんと実際にお会いすることができました。これからもよろしくお願いします。

転職してからは人前で話す機会があまり無いので、これからも機会があれば積極的に参加してみたいと思います。
...そんな事を思っていたら、懇親会で野田先生から「OSC(オープンソースカンファレンス 2008 Shimane)でも同じテーマでひとこま設けるので、よろしく!」と...どこまで本気なのかな...これまでの経験からきっと本気に違いない。

開催は9月12日〜13日とまだまだ日がありますので、それまでにもう一度OOoBasicを真面目に見直してみようかな。

とりあえず、今日からは危険物取扱者の試験勉強を始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/05

無知が知を騙るとき

先日、北京オリンピックの聖火リレーについて騒ぎがありましたね。
チベットでの様々な問題に対して、ちょっとニュースが出ると知ったような気になって中国を批判する人がたくさんいました。

一点だけにフォーカスして「悪い」と批判するのはとても簡単です。

今ではCO2が悪物になって、色々と言われています。
そこで、ちょっとテレビを見ていたら、「エコ替え」などいう言葉が出ていました。

トヨタ エコ替え

まだ使えるけど、CO2の排出が少なくなる物に変える...って、本当なのか。
その製品を生産するのに排出されるCO2と破棄するために排出されるCO2が、交換することによって生まれる排出量の差より小さいと...

電気はCO2を排出しないクリーンなエネルギーだと声高に言われていますが、その電気を生産するためには大量のCO2が排出されています。

エコ、エコと騒ぐなら、まず夜間の行動を制限してみよう。
あまりに24時間のサービスが多すぎる。
夜間に行動するためには明かりも必要なので、更に無駄なエネルギーを使用してしまいます。

最近はノーテレビ・ノーゲームなどという運動があるようですが、それならテレビ放送を22時以降終了にしてしまおう。
言うほど有益な番組はそれほど多くないです。どちらかと言うと、大量に生産されるためにどうでも良いものが横行しているだけなので、大人も子供も見る必要はほとんど無いでしょう。

知らない事はきちんと知らないのだと認識できて、ちょっとした報道や噂話に流されないだけの知識を身につけよう。
大人がきちんと勉強し、子供にきちんと教育をする。
そうしないと悪い事を批判していると思っている自分自身がおかしな事を言っていても、それにすら気がつけない。

かく言う僕も充分な知識を持っているわけではないことは自分でも承知していますし、こんな記事を書く事自体が自分の批判している行動なのだとも考えています。
だから、もっともっと勉強しようというお話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ勉強しないと...

今月の15日に危険物の試験があるけど、忙しくて全然勉強していない...
先日までISOの審査でごたごたしてて、放送大学のレポート提出もあった。明日はお休みをいただいているけど、サロンの準備と本番で、土曜日はPTAのイベント、日曜日はちょっと時間がありそうという程度。

勉強してないのにこんなこと考えるのはおかしいかもしれないけど...落ちたらやだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

パソコン教室始めました。

先日から、久しぶりにパソコンの使い方を教えています。
とは言え、生徒は一人。しかもかみさんです。

かみさんは全く使えないわけではないのだけど、使ってもせいぜいネットを見るか、メールの送受信程度です。でも、せっかく近くに僕がいるのだから、ここは一つHTMLでも覚えてもらって簡単なホームページ(ちまたで多くの人が「Webサイトである!」と主張されているようですが、なかなか浸透しないですね...閑話休題。)を作れるようになれれば、それはそれでまた仕事につながるかもしれないというのが狙いです。
日本語は日本語能力試験一級に合格する程度なので不自由はないから、これにパソコンをそれなりに扱える実力がつけば、韓国語と日本語を自由に扱うWebサイトデザイナー...って聞こえが良いですよね。

で、何の話がしたいかと言うと、毎度のことながら人に何かを教えるのって大変。
でも、大変だけどとても勉強になります。
自分が当たり前だと思っている度合いと世間一般の乖離をはかる良い物差しになるし、曖昧にしている部分が容赦なく浮き彫りにされるので、反省とともに色々と明確になっていきます。

今はまだ、HTMLの必要最低限なタグだけ教えて、字ばかりのページで練習していますが、色の変更ついでにRGBについて説明をし始めるとついつい止まらなくなって...2進数、16進数と続き、果てには文字コードの話にまで発展してしまいました。

あまり性急に詰め込みすぎるとつまらなくなってしまうので、注意しないと...

という事で、「教える事」を勉強させて頂いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »