« Note of FC6 on FMV-6000CL | トップページ | 千の風になった? »

2008/04/17

献血のすすめ

昨日、血液センターから成分献血の要請があって、ついさっき献血してきました。

事の始まりは、一本の電話。
僕をご指名の電話がかかってきて、17日か18日の時間があるときに成分献血にご協力くださいとのことでした。早速、職場で「行っても良いですか?」と聞くと、「行ってください」と即答されました。

そこで、9:00頃にタクシーで血液センターへ向かいました。
ちなみに、知っている人がほとんどかもしれないけど、僕の住んでいる地域の血液センターへ依頼があって献血に行くと往復のタクシー代を出してくれます。

到着してから簡単な問診に答えて、血液を検査し、問題なければ献血が始まります。

成分献血についてちょっと補足しておくと、成分献血では血液から血小板を分離して残った血液を体に返すというもので、通常の献血よりも体にかかる負担が少ないらしいです。また、次回献血可能までの期間が短いです。また、通常の献血よりも多少時間がかかります。

およそ1時間弱で終わるはずなのですが、どうも採れた血小板の量が少なかったようで、少々追加の献血をしました。
すると、終わったらちょっと指先がしびれ、血圧が20近く下がっていたので「ちょっとやばいかな」と思ったのでロビーでジュース2杯ほど飲んで帰りました。ちなみに、僕の住んでいる地域の血液センターでは自動販売機のジュースは飲み放題です。

さらに、帰りの際にはちょっとした景品を頂きました。僕が選んだのは歯磨きセットですが、他にもハンドソープやドリップタイプの珈琲など6種類程度の選択肢があります。

気分的にちょっと血がきれいになったような気がしたりして...

さらに4月30日まではキャンペーンをやっていて、以下のサイトからオリジナルスクリーンセーバーをダウンロードする専用アクセスコードももらえます...Macでは動かないですけど。

ひろげよう!いっしょに献血。

と多少時間はかかりますが、それなりにご利益があって、さらに誰かのためになるというPricelessな特典付きとあっては、献血をしないのは勿体無い。

さぁ、あなたもどうですか?
献血してみませんか?

ちなみに、献血依頼の電話の後に職場で交わされた会話は...
Aさん「どうしてきむら君がご指名されたんだろうね?」
Bさん「血が緑色してるんじゃないの?」
僕「あぁ、人間じゃないってばれてしまいましたか...」
Aさん「あれ、履歴書にそんなことは書いてなかったよね」
Bさん「そのまま拘束されて学会とかで見せ物にされるんじゃないの」
...僕は何ですか?

|

« Note of FC6 on FMV-6000CL | トップページ | 千の風になった? »

コメント

coldsweats01緑の血sign01
そちらの血液センターサービスいいですねup
得した気分になりそうhappy01
でも、貧血傾向の私には献血は・・・・weep

投稿: tmmt | 2008/04/18 09:15

名指しで依頼とはすごいですね。希少な血液型とかでしたっけ?

茨城県は献血率が全国ワースト1だとか。ヤンキーも多いしボランティア精神の低い県民性のようです。

そういう私もずいぶん前に400ml献血を一度やっただけですが...

投稿: ソウヘイ | 2008/04/18 20:53

tmmtさん、コメントありがとうございます。
献血って「あげる」というイメージが強いですが、これほど盛りだくさんだと「もらった」という気持ちで帰途につけますよね。

ソウヘイさん、コメントありがとうございます。
普通のO型だと思いますが...何でも成分献血で採れるものは有効期間が4日程度しかないそうです。だからいざという時に備えるためには、継続的な献血が不可欠だという説明を聞いた事があります。
もし、体に余裕があるときは献血に協力してみるのも悪くないと思いますよ。

投稿: きむらしのぶ | 2008/04/20 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/40904272

この記事へのトラックバック一覧です: 献血のすすめ:

« Note of FC6 on FMV-6000CL | トップページ | 千の風になった? »