« オープンソースは無償なのか? | トップページ | Adobe Photoshop Express »

2008/03/23

復活祭(イースター)

今日はキリスト教にとって大切な日でした。
ということで、妻と子供に連れられて朝から教会に行ってきました。

礼拝の後、聖餐式があり、昼食後に祝会で復活の劇をして、2時頃に子供たちが教会周辺の家を廻って「イースターエッグ」を配り、とても楽しそうでした。
こうした大人も子供も一緒になって何かをする集まりの機会というのは、宗教だとかなんだとか関係なしにとても良いことだと改めて実感させられます。

ここで一つ本の紹介。
僕の大好きな安彦良和氏の作品で、その名も「イエス」。10年近く前に出版された本で、数年前に愛蔵版になっていました。前から欲しいなぁと思いつつなかなか購入する機会がなかったのですが、昨日たまたま立ち寄った古本屋さんに売られていたのでそのまま購入。

イースターの前日にこの本を見つけるなんて...と、多少運命めいたものを感じなくもないです。

内容はちょっとキリスト教徒の方々には許しがたいものがあるかもしれませんが、僕はとてもお勧めです。
結末に関する解釈が聖書と多少違ってはいますが、イエスの言う言葉は聖書と何も変わりません。
聖書をそのまま読み進めるのはちょっと難しいかもしれませんが、漫画という媒体で(しかも安彦良和氏の作品で)聖書の断片について学ぶのはそんなに悪いことではないと思います。

ただし、これだけを読んでわかったような気になるのは、絶対に禁物...なんて言うまでもないですね。

僕は聖書を一度しか通して読んだことないので、内容をほとんど覚えていません。
また、もう一度読んでみようかなという気になった一日でした。

|

« オープンソースは無償なのか? | トップページ | Adobe Photoshop Express »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/40612361

この記事へのトラックバック一覧です: 復活祭(イースター):

« オープンソースは無償なのか? | トップページ | Adobe Photoshop Express »