« 私たちにとっての「ある小さな小さな島」の話 | トップページ | 島根県CMS »

2008/02/22

いつもの朝といつもと違う一日

いつものように目覚まし代わりの携帯が鳴り、いつものように目覚める。
いつもの布団から出て、いつもの寒い部屋を暖めるためにいつものヒーターをつける。

そして、いつもと違ってけたたましく叩かれるドア。
いつもと違って父が慌ただしく車のエンジンをかけ、それに乗り込む僕。
そして消える一つの光。

どうして、どうして、どうしてと問うても答えはどこにも無い。

答えは無いのに、あのときこうしていれば、あのときああしていればと自問自答を繰り返す。

自分が学習しないから同じ事が繰り返される?
自分が実行しないから同じ事が繰り返される?
それとも自分が学習しても実行しても同じ事が繰り返される?

何もかもがわからない。
かなり混乱してしまう。
無理に考えるから、わからない?
無理に考えるから、混乱してしまう?

時が流れ、時が流れ、時が流れる。

もしかして一番賢い時間の使い方は、時が流れることを知ることから始まるのかな。
時は流れる、それは大前提で、知らない人はいないけど、忘れる人はたくさんいるみたい。

今日はもうすぐ終わり、明日が始まるのだから、僕には僕のしなくてはならないことがある。

|

« 私たちにとっての「ある小さな小さな島」の話 | トップページ | 島根県CMS »

コメント

なんだか・・・心が痛いthink
そして・・・思い出すこともあるbearing
でも、繰り返されている事は、すべて同じ事では無いと・・・生きている時・・・過ぎていく時間がある限り。。。そう思いたいwink

投稿: tmmt | 2008/02/27 13:21

tmmtさん、コメントありがとうございます。
歳をとってくると、色々な場面に遭遇することがありますよね。
毎日を大切にしながら生きなくてはいけないなと考えさせられます。

投稿: きむらしのぶ | 2008/02/28 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/40226450

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの朝といつもと違う一日:

« 私たちにとっての「ある小さな小さな島」の話 | トップページ | 島根県CMS »