« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の9件の記事

2008/02/29

島根県CMS

先日、島根県が使用しているCMSがオープンソースとして公開されました。ちなみにこのCMSはRuby on Railsで構築されているみたい。

島根県CMS公式サイト

関連記事
「島根県CMS」のオープンソースとしての公開について
島根県のホームページ管理システムがOSSとして無償公開,地元企業がRubyで開発
Matzにっき(2008-02-15)

新しいもの好きな僕としては、これを試さない手はない。...ということで、早速ダウンロードし、設置してみました。

まず、動作環境が「Debian gnu/linux etch」となっていたので、DebianベースのUbuntuにインストールしてみました。

インストールした環境は以下となります。
Dell Dimension 4600C
 CPU : Pentium 4 3E GHz
 Chipset : Intel 865G
 RAM : DDR-SDRAM 512MB
 HDD : 160GB
 OS : Ubuntu Linux 7.10

いくつかエラーがあったものの、なんとかインストールには成功し、無事に動作させることができるようになりました。

使用してみた感想は

  1. Windowsしか使ったこと無い人にはインストールがちょっと難しそう
  2. CMSを使ったことの無い人が直感的に使い方がわかるようなものではない
  3. ページのカスタマイズにはちょっと知識が必要みたい
という感じです。

それはそれ、オープンソースなんだから自分で直せば良い話...とはいかないのが世の中の常。

ちょっと批判的なコメントになってしまいましたが、公開初めなんてこれが普通でしょうし、地方自治体が一千万円以上かかっているシステムをオープンソースにするなんて、「島根県、なかなかすごいな」と思います。

僅かではありますが、僕も協力できる事があれば協力してみたいと思います。
ということで、インストール直後の状態ではありますが、インストールしたサーバを暫く公開してみます。皆様、デモだと思って試してみて下さい。
トップページは「島根県のトップページ」となっていますが、トップページのみがデフォルトの状態で入っていました。

島根県CMS(デモ)
管理ページ
ID : super_user / パスワード superuser
*注 パスワードは初期値から「_」を取ってあります。だって、一度変更したらもとに戻せなかったんだもん...小さな問題はありそうですね。

2008.4.27
自宅サーバ変更に伴い、島根県CMS(デモ)の公開を終了させていただきました。
閲覧いただいた方々の何かの参考なっていれば嬉しく思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/22

いつもの朝といつもと違う一日

いつものように目覚まし代わりの携帯が鳴り、いつものように目覚める。
いつもの布団から出て、いつもの寒い部屋を暖めるためにいつものヒーターをつける。

そして、いつもと違ってけたたましく叩かれるドア。
いつもと違って父が慌ただしく車のエンジンをかけ、それに乗り込む僕。
そして消える一つの光。

どうして、どうして、どうしてと問うても答えはどこにも無い。

答えは無いのに、あのときこうしていれば、あのときああしていればと自問自答を繰り返す。

自分が学習しないから同じ事が繰り返される?
自分が実行しないから同じ事が繰り返される?
それとも自分が学習しても実行しても同じ事が繰り返される?

何もかもがわからない。
かなり混乱してしまう。
無理に考えるから、わからない?
無理に考えるから、混乱してしまう?

時が流れ、時が流れ、時が流れる。

もしかして一番賢い時間の使い方は、時が流れることを知ることから始まるのかな。
時は流れる、それは大前提で、知らない人はいないけど、忘れる人はたくさんいるみたい。

今日はもうすぐ終わり、明日が始まるのだから、僕には僕のしなくてはならないことがある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/20

私たちにとっての「ある小さな小さな島」の話

避けて通りたいけど、避けて通れない日。

今月22日の「竹島の日」。

僕ら夫婦の間ではもう解決した話題だけど、世の中が騒ぎだすとまた我が家も小さな火種が生まれます。
そんな火種を前に、今日集会がありました。

知人の会社関係者が主催したもので、数日前に突然連絡をもらい、たまたま今日が休みだったので参加させて頂きました。

どちらが領有権を持つとかいう話題が出ると白熱した議論になるのですが、それは必ず平行線をたどるだけ。大切なのは、過去と未来をつなげる作業ではないかと思います。

過去と未来をつなげる作業って?
それをするためには知識が必要です。
過去を知り、未来を想像する力をつける。

僕もあまり知らないので、偉そうなことを言うべきではないかもしれませんが、知らない人や無関心な人とまともな議論をしようとすることはとても大変なことです。知らないことについて、誰かがまことしやかに語ると、それが真実でなくてもすぐに受け入れてしまうことが多い。
僕が妻とこの日について議論をした時も、自分の知識の無さだけを痛感するばかりで、何か反論をしても全然議論にならない口論に終始していました。

韓国の執着も日本の無関心もどちらもちょっと偏っているのではないでしょうか。

会の中で何度か共同統治という意見が出てきましたが、僕もこれが一番良いのではないかと思います。
ですが、その前提には領有権を明確にする必要があるという話が出るのには大きな疑問を感じます。

「竹島の日」は領有権を主張する日ではなくて、韓国と日本の歴史をきちんと紐解いて学ぶ日とすべきかなと強く感じました。それができないのなら、「竹島の日」なんて弊害ばかりで何の役にも立たないからなくしてしまえば良いのに。

あまり政治的な事は書かないよう心がけてきたこのブログですが、韓日夫婦の一人としてこれぐらいは良いかなと...甘いかな?

余談だけど、行ってみたら何人も知り合いがいました。狭い地域だなぁ...
また、終わってから妻と一緒にインタビューを受けました。地方のテレビ局なので、ニュースに流れても見る人は少ないと思われますが、要チェック!...しゃべり過ぎな僕のコメントは編集という意見もありますが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

求む!Shade Standardライセンスの交換

僕はかなり前からのShadeユーザーで、もう使い始めて10年になります。

現在所有のライセンスは、
 Windows版Shade 6 Advance
 Mac版Shade 8 Basic
です。ですが、今は家にWindowsが無いためWindows版のライセンスがもう長い間放置されたままになっていました。

今度、Shade10が発売されるのですが、Shade11から2つ前のバージョンからしかバージョンアップができなくなってしまいます。そこで、使っていないWindows版ライセンスとMac版ライセンスを統合し、Mac版Standard扱いでShade10にアップデートさせてもらえないかとe-frontiaまで問い合わせたところ、無下に断られてしまいました。

そこで、Windows版Shade 6 AdvanceをMac版の同等ライセンス(Standard)と交換して頂ける人を探しています。

それができないのであれば、Windows版Shadeを6から10にアップデートして売ります。
3月6日までに申し込めばBasic→Standardへのグレードアップはちょっとお安いので、それまでに購入していただける人には20,000円で、それ以降に購入していただける人には25,000円という価格でいかがでしょう。もし通常に購入すれば45,000円になります。

20080216

最終目的は「Mac版Shade10Standardの正規ライセンスを取得する」ということなので、交換でも売却でもかまいません。もし、応じていただける方がおられましたらコメントまたはE-mailで連絡をお願いいたします。(E-mailアドレスはプロフィールにあるhotmailまで)

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

今日は体中が痛い...

昨日、武道館で地元大学空手部の方々と組み手の練習がありました。
そこで、のこのこと武道館に行ってみると、強そうなお兄さん達がいっぱい。

はじめは点数やタイマーの操作をしながら試合の見学をしていたのですが、途中から参加させてもらえることになり、本当に久しぶりに組み手の試合をしました。去年の昇級審査の時に多少組み手っぽいことはしましたが、力を抜いた動きの確認だけだったので試合とは呼べないものだったので、最後に僕が組み手の試合をしてから、実に17年が過ぎていたと思われます。
でも、サポーターとは言え武具をつけると身が引き締まるような気がします。

しかし、当然のごとく体がまともに動くわけも無く、3試合して全敗でした...
おまけに、安物の拳サポーターを使っていたため親指を負傷、蹴り技のタイミングが悪く相手の膝に当たって足の甲を負傷...おじさんは程々にしなくてはいけないですね...

でもって、今日は強烈な筋肉痛。足だけでなく、全身がみしみしと軋むような感じで、今日は一日中オイルの切れたブリキの木こり(出典 オズの魔法使い)のようでした。
でも、これは僕の鍛錬不足以外の何物でもありません。
とりあえず、これからきちんと鍛え、また機会があったら参加させてもらおうと思います。

ついでに、先日から公開し続けている型の動画もアップしておきます。
今回も引き続き平安三段です。

「080210061178.mp4」をダウンロード

またこれまで公開済みであったものも、横から撮影した動画を合わせて撮り直して再公開しています。以下のサイトで逐次公開中なので、興味がある方はこちらも合わせてどうぞ。

何度もしつこいようですが、これらの動画はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで公開されていますので、必要な方があればご利用ください。誰も使わないって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

DVからiMovie HDで取り込んで、iDVDでDVDを作って書き込む

20080210先日からデジカメで撮った動画を公開していたりすると、動画編集に興味がでてきたりします。

思えばDVを購入したのが約9年前で、同時にIEEE1394カードを購入。ついでにAdobe Premier 6.0なども購入してみたのに、使い方がよくわからないのと取り込みに失敗する現象が続いたため、結局お蔵入り。

その後、Flashで知人の会社のHPやCMを作ったりたので、その時にはPremierもちょっと使って作成したのですが、目的を達成したらそれで終わり。

大容量のHDDも安くなってきたので、再び動画編集をしてみようかなと撮り貯めたDVテープから取り込み続け、Premier ElementsやPowerDirectorまで購入して編集を試みるもののエンコード時間にしびれを切らして、これまた挫折したのが2年前。

そして、この2年間で完全にWindowsを排除してMacへ移行し、やっと動画編集も本気になってきました。

前置きはさておき、去年3月にあった娘の卒園式のDVD化を試みてみました。

まず結論から言うと、非常に簡単!操作をした時間のみを合計すると多分1時間かっていません。しかーし、待ち時間は取り込みに1時間、変換に3時間、エンコーディングに3時間、DVD書き込みに30分...途中、待ちくたびれてうたた寝などしてしまったので、作業開始が昨日の19:00で作業終了が今日の12:00でした。
でも、操作は非常に簡単なので、今後は公開する型の動画もちょっと編集とかしてみようかな。

では、ここから手順を書いてみます。
ちなみに以下はiLife '05での作業手順ですが、多分他のバージョンでもそれほど大きく変わらないものと考えます。

IEEE1394でMacとDVを接続し、iMovie HDを立ち上げます。「新規プロジェクトを作成」を選択し、とりあえずビデオフォーマットはDVで作りました。
編集画面が表示されるので、再生領域の下にあるビデオカメラのアイコンをクリックします。DVがきちんと接続されていれば、「読み込み」ボタンを押します。
自動的に読み込みが始まり、シーン毎に区切られたクリップが右側に追加されていきます。
これで取り込みは終了し、編集モードに切り替えるためにハサミのアイコンをクリックします。

しかし、ここで何か変換作業をするようで、約3時間かかってしまいました。たぶん、これは必要のない変換作業だと思われますが、止める事はできなかったので、仕方ない。
変換が終了するとゴミ箱に数十GBのファイルが入っているので、ゴミ箱を空にしてこれを削除します。

変換終了後、クリップパネルにある動画をタイムラインに配置します。
配置したら、クリップパネルの下にある「iDVD」アイコンをクリックしてDVD用のマーカーを設定します。方法はムービーを再生して、マーカーを追加したい場面に来たら「チャプタの追加」ボタンを押して、チャプタ名を入力します。

上記作業が終了したら、保存して、「iDVDプロジェクトを作成」を押します。

iDVDが起動すると、既にチャプタ毎に区切られたムービーができていて、各チャプタ名も入力した通りに表示されています。

ドロップゾーンというところに灰色の空白があるので、こちらにムービーから抜粋した写真を配置します。あらかじめ準備したものがあればそれを利用しますが、無ければiMovie HDに戻りムービー中の適当な場面を選んで、「ファイル」-「フレームを保存」から静止画を準備します。
写真の準備ができたら、「プロジェクト」-「ドロップゾーンを編集」を選び、先ほど準備した静止画をドラッグ&ドロップすればOK。

これで一通りの作業は終了ですので、DVDドライブに空のディスクを入れて、「ファイル」-「DVDを作成」を選択します。ここからエンコーディングが始まって、僕の環境では約3.5時間後にDVDが出来上がりました。

予備知識として、DVから1時間の動画を取り込むのに18GB、DVDを作成するのに4GBが必要でした。

以上で手順は終了ですが、iLife '08ではもっと良くなっているらしいです。この際だからこちらを買ってみようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/09

糸東流 平安二段


糸東流 平安二段

ネタが無い時のためになどと言いながら、しばらくはこれをメインコンテンツにしようかなどと企み始めていたりします。

ということで、今回も前回に引き続き平安の型を紹介します。
これは平安二段。

「080209060855.mp4」をダウンロード

昔、松濤館流の型を教えてもらっていたら、こちらが初段と似ていて、二段が前回アップロードした初段と似ていました。立ち方が大きく違い、手の動きもいくらか違いますが概ね同じです。
そのうち、松濤館流の平安の型もアップロードしてみましょう。

しかし、今回もまた間違いがあります。
そのまま見て覚えると、大変なことになるので気をつけましょう。

ちなみに次に公開予定の平安三段もまた間違いがあるまま公開してみる予定です...それじゃダメ?。ですが、間違えている場所をコメントで指摘とかされてみるのもまた楽しいかなと思ったりしています。
加えて、挙動が悪い部分や「こうした方が良い」などの意見があれば是非是非聞いてみたいので、有識者や通りすがりの方々のコメントをお待ちしております。

ついでに、今回の動画もクリエイティブ・コモンズ・ライセンスですので、必要な方がおられればご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

糸東流 平安初段

先日、デジタルカメラが壊れたので、新調しました。 購入したデジカメはFinePixF50fd。これでFinePixも3台目になります。

このデジカメはそれなりの動画が撮れるので、ちょっと容量の大きなSDカードを合わせて購入し、色々と撮ってみる事にしました。

とりあえず、手っ取り早いのは空手の型の動画かなと思ったので、早速撮ってみる。
僕は何でも公開大好き人間でもあるし、せっかく撮った動画なんだから公開してみます。

「080207060629.mp4」をダウンロード

ちょっと恥ずかしいような気もしますが、ヘタな自分を見る事でこれから向上しようというモチベーションの維持にも役立ちますし、数日...数ヶ月...数年先かもしれないけど、向上した自分を見てもらうのもまた面白いような気がしています。

また、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスでの公開ですので、もし、もし...もしこれを他の場所で利用したいという方がおられましたら、ダウンロードしたMP4ファイルを自由に使って下さい。
別に強制ではありませんが、他で利用される時にはその旨を連絡いただけたら嬉しく思います。

果たしてこれは、型の見本になれるのか、はたまたお笑い動画になるのか...ちょっと楽しみです。実はいくつか撮りためてあるので、これから(ネタが無い時のために...)シリーズで公開していきたいと思います。
乞うご期待!

この動画は「@niftyビデオ共有」というサービスを利用して配信しています。上記動画は以下のリンク先でも公開されています。
糸東流 平安初段

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/02

モブログからのテスト投稿

モブログを設定したので試しに送信

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »