« まだまだ高校生みたい | トップページ | 墨攻 »

2007/12/13

UbuntuでDiablo

今更?という気がしないでもないですが、UbutuLinuxでDiabloができるかどうか試してみました。

まず、以下のコマンドでWineをインストール。

$ sudo apt-get install wine

ドライブにDiabloのCD-ROMをセットし、端末からWineFileを起動。

$ winefile

3.1時代のファイルマネージャーみたいなものが起動するので、CD-ROMドライブを選択。デフォルトではDドライブになっていると思われます。
表示されたファイルの中からautorun.exeを探してダブルクリック。

Diabloのインストール画面が出てくるので、インストールを選択。
インストールが終わるとDiabloが起動...と思いきや、音はすれども画面は真っ黒。

でもキーボードで上下操作をすると「シュッ」という選択しているような音はする。

ということで、「多分このメニューが出ているだろう」なんて想像しながら、新しいキャラクターを作って適当に名前を設定(していると想像)してみると、無事起動。
ConfigureWineで画面タブにある「デスクトップのエミュレート」を設定したら、デスクトップ上に表示されました。

いやー、すごいですねぇ。
今更Diabloするの?という気がしないでもないですが、DirectXもそこそこ動くなら試してみたいことがいくつかあります。
さて、次は何しようかな。

ちなみに、僕の環境では日本語の表示がうまくできません。だから日本語のアプリケーションは文字化けしてインストールできなぁい...フォントのせいかな?また時間のあるときに確認してみよう。

0712140545

|

« まだまだ高校生みたい | トップページ | 墨攻 »

コメント

うは、Diabloテラナツカシス
DirectX3時代だったっけ? 3D系の命令も動くならすごいね~

投稿: k1t | 2007/12/14 18:38

k1tさん、コメントありがとうございます。
Diabloを久しぶりにやったらちょっとはまってしまいました...ゲームって魔物みたい。
まだそれほど厳格に確認はしていませんが、そこそこは動くみたいですよ。次はVF2に挑戦!またブログで結果を報告しますね。

投稿: きむらしのぶ | 2007/12/15 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/17362707

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuでDiablo:

« まだまだ高校生みたい | トップページ | 墨攻 »