« 墨攻 | トップページ | 続新事業創出と産学連携 »

2007/12/15

新事業創出と産学連携

今日は面接授業の日だったので、放送大学へ行ってきました。今日と明日の2日間の講義です。
講師は島根大学産学連携センター教授の北村先生...産学連携センター?聞き覚えがあるぞ...丹生さんの職場じゃないですか。色々なところに顔をだしていると、なかなか面白いつながりがあるものです。

講義の内容は技術経営(MOT : Management of Technology)の手法やそれを産学連携で生かすということについて事例を紹介しながら解説するというものです。

重要と思われるポイントをいくつか抜粋すると。

昔は物が無いので作れば売れる時代だったから、その製造過程の革新(プロセスイノベーション)が求められたが、今は物があふれているので、その製品に革新または創造(プロダクトイノベーション)が求められる時代となっている。
この流れに乗れる人または組織と、そうでない人または組織の2極化が今後増々広がって行くだろう。

マーケティングとは、売れるためのシステムを作る事で、買い手のニーズや気がついていない要求を指摘して購買につなげる。売り手が売りたいものを売るのはセールス(営業)である。

マーケティングミックスの4P : 製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、広告(Promotion)

SWOT分析 : 自己分析をして製品のターゲットを決める。分析要素は強み・弱み、(環境の)機会・脅威

MBAのマーケティング : 顧客のニーズをベネフィットに落とし込み、機能を充足させる
MOTのマーケティング : 技術を機能に置き換え、顧客のベネフィットからニーズを開拓する

...とかいう感じです。

事例紹介では、炭八の例を紹介して頂きました。廃木材を炭にして床や壁に敷き詰めることで調湿効果を得るというものですが、この商品はなかなか良さそうですよ。我が家も梅雨時には湿気に悩まされるので、検討してみる価値ありですね。

なかなか楽しい講義で明日がまた楽しみです。
惜しむらくは、夕べの飲み会が祟って非常に眠たかったことでしょうか...先生、途中何度も意識を失ってしまい申し訳ありませんでした。

|

« 墨攻 | トップページ | 続新事業創出と産学連携 »

コメント

久々にお邪魔します。
相変わらずの勉強家で感心しきり・・・です。
なかなか、興味深い授業を受けているようで、きっと楽しいでしょうね。楽しい勉強は身になるでしょうし。
あまり勉強していない私は、ちょっと身につまされます。
でも、途中意識を失ってしまうところは、とても共感できます(笑)

投稿: ichiro | 2007/12/16 23:00

お久しぶりです、ichiroさん。
僕も最近勉強を怠り気味なので、良い刺激になったばかりです。勉強してもただ知っているだけでは意味がないので、これからこれをどう実践していくのか考えなくてはならないなと思っているところです。

興味があるはずなのに、途中で意識を失ってしまうのは不思議でしょうがありません。

投稿: きむらしのぶ | 2007/12/17 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/17379549

この記事へのトラックバック一覧です: 新事業創出と産学連携:

« 墨攻 | トップページ | 続新事業創出と産学連携 »