« 昇級審査 | トップページ | 松江SNS »

2007/11/24

UbuntuにRealPlayerをインストールする

先日からUbuntu7.10を使い始めているのですが、アプリケーションにRealPlayerがあるのに起動しようとするとエラーが出て起動させることができない。
ということで、自分でインストールしようと思ってRealPlayerのサイトに行ってみるけどダウンロードできなくなってる。

そこで、RealPlayerについてちょっと調べてみると、Windows版の11が出ているみたい。そのため、Linux版がダウンロードできなくなったのかな。

ということで、Helix Communityからダウンロードをすることにする。Helix Communityのサイトにて右側に「RealPlayer」という大きなボタンがあるので、それをクリックするとダウンロードできます。

インストール手順は下記を参照。

RealPlayer for Linux

「RealPlayer10GOLD.bin」となっている部分を「realplay-10.0.9.809-linux-2.2-libc6-gcc32-i586.bin」に置き換えれば大丈夫(2007年11月24日現在)。実際のコマンドは、

chmod a+x realplay-10.0.9.809-linux-2.2-libc6-gcc32-i586.bin
sudo ./realplay-10.0.9.809-linux-2.2-libc6-gcc32-i586.bin
となります。

インストーラーはインストール先をカレントディレクトリにしようとするみたいなので、「/usr/local/RealPlayer10」としておいた方が良いかなと思います。

以上でインストールは完了。
しかし、ここで初めて気がついたのですが、Ubuntu日本語版って「Desktop」が「デスクトップ」になっているのね。Firefoxでダウンロードしたファイルがデスクトップに表示されないから、おかしいなと思って見てみるとホームディレクトリにダウンロードされていました。Firefoxのダウンロード先は「編集」メニューの「設定」にて、ダウンロード先をデスクトップに設定しなおして完了。
また、コマンド大好き人間としては初期設定のままで使うのがちょっと不便だったので、

ln -s ~/デスクトップ Desktop
を実行してシンボリックリンクを作成しておきました。

多少蛇足もありますが、以上でRealPlayerのインストール手順は終わりです。

|

« 昇級審査 | トップページ | 松江SNS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/17168683

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuにRealPlayerをインストールする:

« 昇級審査 | トップページ | 松江SNS »