« mod_rubyのインストール | トップページ | データベース接続用クラス DBConnect »

2007/08/08

mod_rubyとWEBrickの比較

それほど違いがある訳ではないようですが、使ってみていくつか違いがあったので、書いてみます。 この記事は気がつく度に更新していきたいと思います。

1. 出力

WEBrick
きちんと出力形式を指定する必要がある。

print "Content-type: text/html\n\n"

mod_ruby
HTML出力が標準。指定したい場合は下記。

r = Apache.request
r.content_type = "text/html"
r.send_http_header()
Apacheクラスには他にもstatus_lineやheaders_out[]などがある。

2. インクルードファイルの読み込み

WEBrick
「require」を使用。

mod_ruby
「require」を使用したファイルはキャッシュされるので、開発中は「load」を使用。 * 前回の記事でHTMLのソースが出力されるという問題は「require」を「load」に変更したら直りました。...これが直った直接の原因ではありませんでした。嘘みたいな話ですが、

=begin
<html>
=end
という行を始めの行に追加したらきちんと動作するようです。ちなみに僕は以前の記事で紹介したようにHTMLをソースコード内に書かないよう心がけているので、その書き方が影響しているのかなと思ったりもしています(未確認)。いずれにせよ、きちんと動作すればそれでO.K.!

|

« mod_rubyのインストール | トップページ | データベース接続用クラス DBConnect »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/16054275

この記事へのトラックバック一覧です: mod_rubyとWEBrickの比較:

« mod_rubyのインストール | トップページ | データベース接続用クラス DBConnect »