« 妻が戻ってきてくれました | トップページ | ソースコード販売休止について »

2007/07/04

私なんか嫌い

最近、長女が自己嫌悪に陥る事が多いようで、よく自分の事が嫌いだと言います。
何があったのか、何があるのかはよくわかりませんが、ちょっと僕似のような気がします。僕もよく自分が嫌いになります。

自分の中に「これが正しい」というものを持っていて、それを判断基準に様々な行動や言動を行っているのだけれど、自分が考えていることと真反対のことが周囲の人に受け入れられるなど自分の判断基準を根底から覆されるような出来事があると、ある種の絶望感でいっぱいになって、自分がやってきたことを自分で否定してしまうような時があります。
そんな時、僕は僕がとても嫌いになります。

こう書くと、多くの人が「それは君の判断基準が間違っているからだろう」と考えるかもしれません。しかし、いつもそうなのかというと、そういうわけでもないというのが厄介で、むしろそんな思いをすることは稀で、普段はそれなりの結果を出しつつ生活を行っているわけです。

僕なりの解決策は単純です。
 「世の中に唯一の秤は無い」
と考えるようにすることです。
即効性を好む人もいれば堅実なものを大切にする人もいたり、変化を求める人もいれば継続に大きな力を感じる人もいる。そんな人達が集まる社会の中で、自分の評価を万人に等しくもってもらうのは不可能なのだから。

そうは言っても、自己嫌悪に陥っている時にはそう簡単にそんな思いにはなれないし、マイナス思考のループの中から脱出するのはとても難しい。

では、他にそんな状態を脱する力は何かないかと考えると、「愛」なのかなと思います。
隣にいる人が一言、「大丈夫だよ」と声をかけたり、「きちんとやっているのをわかっている人もいるよ」という意味を込めて他の事を褒めたりする気持ちではないでしょうか。

つい先日、僕もこういう言葉でとても救われた気持ちになったばかりです。もしかしたら、僕のこんな精神状態が娘に伝播してしまっているのかもしれません。最近、注意する事が多くて、怒りすぎたような気もするのでちょっと気をつけよう。

|

« 妻が戻ってきてくれました | トップページ | ソースコード販売休止について »

コメント

人それぞれ自分のものさしで世の中をはかっているわけで。
自分の常識は他人の非常識。逆もしかり。
一般論なんてあやふやなもんです。
自分が一般的だなんてわからないし、わかる方法もないし。

「これが正しい」ってのを持つのは大事なことだと思うけど、それは
あくまで自分のものさしの中の話だから、あまり固執せず気楽に考えて
いればいいんじゃない?なかなかそれが難しいんだとは思うけど。

なんか偉そうに書いてしまったかな?

投稿: kenta | 2007/07/06 00:32

kentaさん、コメントありがとうございます。
すぐに正しいか間違っているかで判断しようとするのは悪い癖かもしれません。気楽に考えているつもりではあるのですが、なかなか上手く立ち回れないところがあります。僕のそういうところを子供も似ている感じがして、苦労する娘の将来を勝手に想像したりしています。
また気の付いたことがあればアドバイスお願い致します。

投稿: きむらしのぶ | 2007/07/06 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/15656341

この記事へのトラックバック一覧です: 私なんか嫌い:

« 妻が戻ってきてくれました | トップページ | ソースコード販売休止について »