« しなくてはならない事が多い休みの日 | トップページ | 専門外の分野に飛び込むということ »

2007/05/18

第8回オープンソースサロン 「Project Looking Glassのご紹介」


レポートがちょっと遅れましたが、しまねOSS協議会主催のオープンソースサロンに昨日参加してきましたので、その様子を書いておきます。

テーマは事前に連絡があったものからちょっと変わっていて、「Project Looking Glassのご紹介」でした。Project Looking Glass(以下LG3D)とは、Javaで作られた3Dを用いたデスクトップ環境だそうです。

18:30からの始まりだったので、ちょっと早めの18:15頃に着いたと思ったのにもうそこそこ人がいて、それなりに人気のある催しなのかなと感じます。受付をするとサン・マイクロシステムズ(株)さんからのおみやげということで、ボールペンを一つ頂きました。

スクリーンには何やら見慣れない視覚効果の施された画面が映っていて、サロンの開始までぼーっと眺めていました。そしてサロンが始まって、サン・マイクロシステムズ(株)の藤槻氏がLG3Dについて説明をされると、そのプレゼンテーション自体がLG3Dによって行われているとのことでした。

LG3Dについてそれほど詳しいわけでは無いですが、聞いた内容を簡単に列挙します。

  1. Javaの世界では結構有名
  2. 川原英哉氏というサンのエンジニアが趣味で開発したのが始まり
  3. ウィンドウを重ねるのではなく、横に置いておくというイメージで使う
  4. WindowsではJavaアプリケーションに過ぎないけど、LinuxではX11のウィンドウマネージャーとして動作できる
  5. APIを使って簡単にLG3D用アプリケーションを作成できる
  6. LG3D内で通常のアプリケーションを使うこともできる
他にもいくつかありましたが、はっきりと言葉にできないので省略します。
Googleで「lg3d」と入れて検索すれば色々と情報が手に入るようなので、興味のある方はそちらを参照される方が良いかも。
ちなみに上の画像は@ITの「Project Looking Glassを使うには」から引っ張ってきてます。

その後、懇親会がありましたのでそちらにも参加させて頂きました。

懇親会ではオープンソースサロンでいつも司会をされている目黒氏の隣になったので、名刺の交換と簡単な自己紹介をさせて頂きました。
その後、株式会社ネットワーク応用通信研究所の井上さんと求人募集について少しお話をさせて頂きました。というのも、去年中頃に僕もUターンのためにいくつか情報を集めていて、その時見つけたNaClのサイトで求人欄にとても熱い思いが書かれていたのが印象的だったので、そのことについて聞いてみると、今その人が何ができるかよりもその人の状況でどこまでできるのかというのが採用では重要だとのことでした。言葉を変えると、「今何をしなくてはならないのかを知って何をするか」という方が「今何ができるか」ということよりも重要だということなのかなと感じました。
ちなみに、今確認したらサイトの内容が変わってました...もう読めないので悪しからず。

それからまつもとゆきひろさんにPHPとRubyについていくらかお話を聞かせて頂きました。詳しく書くとPHP大好きの人が怒り始めるようなので話の内容は書けませんが、Rubyを触ってみようかなという気になっています。
Ruby on Railsを勧められましたが、去年使ってみた感じでは直感的にプログラミングをしているという印象を受けなかったので、まず生Rubyを触ってから時期を見てRailsに移行するというのが今の予定。
PHPと同じ事ができるようになってから、また報告をさせて頂きたいと思います。
ちなみに先日家電屋さんで見かけたことについて聞いてみると、きちんと僕の事を覚えておられたようでした。

その後、席を転々としながら終わり頃に今回のプレゼンをされた藤槻さんとお話をしました。
偉そうにLG3Dについて自分の意見をだらだらと述べてしまいましたが、それら一つ一つにきちんと受け答えをして頂き、とても真面目な方なのかなという印象を受けました。
ただ、LG3DはMacでは動作しないとのことなので、Mac以外となると1.0GHz程度のCPUが現役ばりばりの我が家ではちょっと使えないかもしれません...後でParallels上のVineで動くか確認してみたいと思います。

ということで、また新しいことを一つ勉強させて頂きました。
僕の仕事と分野は全然違うけど、違うからこそ参加する事に意義があるのだと改めて感じさせてもらえる貴重な時間を過ごすことができ、このような機会を提供しているしまねOSS協議会の方々には感謝の言葉もありません。

オープンソースサロンとは関係ないけど、懇親会で「きむらしのぶのブログは記事が長い!」というご指摘を頂き、短くしようと試みたのですが、またまた長くなってしまいました。長いと読まれないのかな...それなら都合の悪い事は後ろの方に書く事にしよう。

|

« しなくてはならない事が多い休みの日 | トップページ | 専門外の分野に飛び込むということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/15122063

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回オープンソースサロン 「Project Looking Glassのご紹介」:

« しなくてはならない事が多い休みの日 | トップページ | 専門外の分野に飛び込むということ »