« 第8回オープンソースサロン 「Project Looking Glassのご紹介」 | トップページ | Rubyを始める準備が整いました »

2007/05/19

専門外の分野に飛び込むということ

0705191125これまで自分がやってきたこととほとんど関連の無い職場に転職してそろそろ2ヶ月になりますが、ここに来て毎日発見の連続です。

「文化が違う」という表現をよく使うのですが、以前はどうでもいいと思っていた事が今度の職場ではとても重要だったり、逆に前の職場ではとても重要だった事が今度の職場ではどうでもいいことだったりするのは、ちょうど僕と妻が国の違いによって感じる違いにとても似ているような気がします。

転職して強く感じるのは、転職先の職場では「僕がこれまで何をやってきたか」なんていうことは全然関係ないということです。結局、新しい職場に来てやるべき事とやるべきでない事をわきまえて、しっかりとした立ち居振る舞いができるかどうかが重要なのかなと思います。そういう意味で僕は全然それができていない。もともと不得手でしたし...仕事を見て評価してくれとかいうのは僕の傲慢や不遜でしかないのだと痛感させられます。

ここ数日、前の職場で僕が後輩達に送ってきた言葉のほとんどが以前の僕の立場になったから感じる事であって、そうではない立場の人に言っても全然伝わらないか言うべきではないことだったのかもしれないと考えたりします。
自分がどれほどしっかりとした考えを持ち、それを主張しようとも自分がそこで評価されていない時点で行動しても全然結果を出せないのかもしれません。周囲がそれを受け入れる体制が出来ない状態で、下手に行動するのは逆に問題につながってしまう場合もあるのだと今更ながらに気が付きました。

それなら、どうするの?
...それはわかりません。今まで、自分が感じた問題点や自分の主張を全面に出し、それを解決するためにひたすら努力しながら周囲の理解が勝手についてくるというのがパターンだったので、これからもそうするのかもしれませんし、別のやり方もあるのかもしれません。直接結果に結びつかないような行動でも、それによって周囲の理解を得ることができて今後の行動がとりやすくなるのなら、そっちの方が良いかも知れないと思ったりもします。

ただ一つ、今の自分が持っている良い点は「比較ができる」ということだと思っています。
これまでの経験から、新しい職場では誰も考えなかったようなことや考えてはいたけど実現できなかったことなどを実現させることができる可能性を持っているのだと感じます。
先ほどこれまで自分がやってきた事は全然関係ないと書きましたが、それが評価されるのは自分の結果が出た時なのかもしれません。これから自分ができることにこれまで自分がやってきたことが全然関係ないはずはありませんものね。結局、今自分が何をしなくてはならず、何ができるかということを把握し実践できればどこでもやっていけるし、逆にそれができなければどこへ行ってもやっていけないのかもしれません。

そこで、「専門外の分野に飛び込むということ」をまとめると、「リスクは非常に大きいけどその分チャンスも多い」という当たり前のことかもしれないことがとても重要なのだという一言に尽きます。
全然まとめになっていないかもしれませんが、考える事が多くてまとまらない毎日を送っているのだと感じて頂ければ幸いです。「明日のために今日できる事。」という何気なく付けたタイトルでしたが、身にしみる良いタイトルだと自画自賛したりしてしまいます。

|

« 第8回オープンソースサロン 「Project Looking Glassのご紹介」 | トップページ | Rubyを始める準備が整いました »

コメント

田舎はどろくさい人間関係で出来ているので、そこが一番に
むつかしいものです。そこが突破できれば、後はやって経験
して慣れれば終わりです。

投稿: 多久和 | 2007/05/20 13:48

多久和さん、コメントありがとうございます。
出身地なので、その泥臭さは知っているつもりだったのですが、所詮子供が感じるものと大人がするべき事は全然違い、「ただ知っているつもりだった」という事実が重くのしかかってきます。
でも、「突破しない」という選択肢はあり得ないと考えているので、これからしっかり頑張っていきたいと思います。
また、オープンソースサロンの会場で会える日を楽しみにしています。

投稿: きむらしのぶ | 2007/05/20 20:37

仕事の内容が全く違うのに対しては。。。何も言えませんが。。。。
何をするにもどんな職場に行っても「人間関係」が上手く行かないと仕事の効率も評価も、先が思いやられると思います。仕事を知る事も大切だけど、人を知る、職場の空気を知る事が大きな鍵だと思います。

投稿: tmmt | 2007/05/22 09:45

tmmtさん、コメントありがとうございます。
今度の職場では「人を知る=仕事を知る」という感じなので、苦手だとか何だとか言わずしっかりとやっていきたいと思います
そちらの仕事も「人間関係命」な職場だと思いますが、僕の仕事では人間関係が内向けなのに対し、そちらは外向けだから、僕の何倍も大変なのだろうなぁと今更ながらに関心させられています。

投稿: きむらしのぶ | 2007/05/23 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/15126550

この記事へのトラックバック一覧です: 専門外の分野に飛び込むということ:

« 第8回オープンソースサロン 「Project Looking Glassのご紹介」 | トップページ | Rubyを始める準備が整いました »