« 新入職員研修 | トップページ | 実感と確信 »

2007/04/05

研修三日目

0704052100緊張のほぐれや昨日の懇親会の疲れなどが重なって、眠い。既に14年の社会人経験者が居眠りしていては、他の新入社員達にしめしがつかないと思いつつも...何度か気を失いながら一日が過ぎてしまいました。そんな時、心の中で「仕方ないよ、誰だって起きていられないさ」なんて考えがよぎる自分の未熟さを痛感させられて恥ずかしいです。

やっぱり夜に外へ繰り出している人達同士は仲が良い。
仲間内でわいわいと楽しそうに話しているし、仲間がいると心強くなるのかそういう輪同士はまたくっつきやすく、輪がどんどん大きくなってきているように感じます。それはそれでとても良い事だけど、その輪に入っていない人もやっぱりいるわけで、そういう子のこれから先を勝手に心配してしまったりする自分がいます。しかし、実際問題として僕もその輪に入っていないわけで、人の心配をする前に自分ももっと頑張らないとだめですね。

ちょうど、入社日から机に名刺が用意してあったので、昨日の懇親会で話をした人達に名刺を配って回っていました。中には同じように名刺をもらっていて返してくれたりもしましたが、大半はまだ持っていないようでした。僕の職場は言わば子会社のような存在であり、これから仕事が始まるとここにいる新人さん達は皆お客さんになるので、頑張って顔を覚えてもらっておくと後で良い事があるかな。

30過ぎ、既婚者、子持ちというのは会話のネタになりやすいからそっち方面で話を広げていましたが、これがなかなか難しい。何が難しいって、こういうネタに興味があるのは女性が多いようで、男性に子供の話をしてもつまらなさそうにされるだけ...ということで、何だかやたらと女の子に話しかけているような感じです。このままだと誤解されそうだからこれは気をつけないといけない。杞憂かなとも思うけど、どこでどうなるかわからないからきちんと気をつけておこう。

夜、妻に靴下を持ってきてもらうようお願いをしたので、一階で待っていると外国人の方がおられたので話しかけてみました。何でもイタリアから来られたらしく、初めての日本で一ヶ月ほど滞在する予定で既に三週間かけて色々な県を見て回っているということでした。「どうしてこの町なの?」と聞くと旅行ガイドに聞いてみたら旅をするならこの町には絶対行けと勧められたらしいです。それを聞いて何だか嬉しくなってしまいました。彼はこの町が好きになったからもう一度来ると言うので、ここでも名刺を渡しておきました。帰ったらメールをくれるそうです。その後、夜に夜行列車で金沢へ行くらしい。良い旅になることを祈ってますし、また会える日を楽しみにしています。

それから妻が来たので、一緒にお城の桜を見に行きました。残念ながらちょっと歩いたら閉門のアナウンスが流れて、出なくてはならなくなってしまいました。久しぶりに夫婦水入らずで楽しかったと書きたいのですが、やっぱり土地に不慣れなままの家族を置いてこの研修に参加しているため、いくらか不満を感じているようです。もっともですよね。帰ったらきちんと穴埋めさせて頂きます。

仕事が始まってからこの数日、別れて得たものの喜びを感じています。
確かに別れは悲しいですが、新しい所へ行けば別れた人たちから吸収してきたことを一つ一つ噛み締められるような出来事がどんどん起きていきます。これまでの出張・転勤族生活では色々とありましたが、こうして転職と言う大きな転機を迎えて、それぞれの経験の重さをまた改めて痛感しています。

前の職場で出会った皆さん、移動先で知り合いになった皆さん、本当にありがとうございました。これからも頑張りますので、温かく見守っていて下さい。

|

« 新入職員研修 | トップページ | 実感と確信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/14574798

この記事へのトラックバック一覧です: 研修三日目:

« 新入職員研修 | トップページ | 実感と確信 »