« しのぶちゃんを囲む会 | トップページ | 研修最終日 »

2007/04/08

はしゃぎ疲れでハイテンション

昨日の夜は予想通り僕のオンステージでした。
そんなに話をするつもりも無く、馬鹿な笑い話をしていたのですが、場の流れでどうして転職したのかが聞きたいということになり、「長くなるから止めた方が良いよ」という僕の制止も聞かず、結局話し始める事になってしまいました。

本気で転職を考え始めたのは、弟の死がきっかけでした。僕ら兄弟の関係を話し、危篤状態の弟を初めて目にした時の事、そして両親の心の傷、僕の心の傷の事から始まって、僕個人が感じている価値観と給料が激減した今度の転職をどう感じていて、新しい職場にどんな魅力を感じているかというようなことを延々と2時間近く話していました。その場にいて聞いてくれたのは5〜6人。決して感動させたいなどと思って話をしたわけではなく、ただ淡々と僕が経験した事や感じている事を話しただけなのに、聞いていた何人かの人は目に涙を浮かべながら聞いてくれました。確かに思い出してみれば辛い経験だったと思うけど、今の僕はある程度客観視できるまでになってきているので涙は出なかったけど、また色々と思い出したりはしました。

やっぱり僕って変なおっさんに見られていたようで、何人かから「この話を聞くまで、正直馬鹿にしていました」と言われました。だよね、みんなの気持ちは良くわかるよ。だって、僕は馬鹿だもの。
何度も同じ失敗を繰り返しながら、今また同じ失敗をしようとしている。どうして、語るのか?そして、どうして語り始めると調子に乗って余計な事まで言い始めるのか...そして、そのまま2:30まで色々と語って自室に戻りました。

当然、猛烈に疲れたまま今朝を迎え、ほとんど授業にも集中できなかった。

また、昨日の夜のテンションを引きずったまま一日を過ごしてしまい。何がしたかったのか、何が言いたいのか全然わからないまま、とにかくはしゃいでいただけの一日でした。
今までの抑圧された感情とかも相俟って、またいつも以上に悪い方向へとワルノリしている自分に今頃気が付きました。僕の悪い所はこのワルノリを止める事ができず、行き着く所まで行ってしまおうとするところで、多分周囲にいた人の多くを不愉快な気分にさせてしまったことでしょう。

そして、夕方の研修ではちょっと私語が多くなってしまい、二十歳過ぎの新入職員と一緒に4歳も年下の教育担当に「静かにしろ」と注意されてしまいました...って見本にならなきゃならない存在なのに、そのまま新人さんと一緒になっているなんて...社会人失格ですね。

今回の研修で思ったのは、人は成りたい自分をイメージしながら、成りたい自分に成るよう心がけ・努力すると、意外と簡単に成れたりするのではないかと言う事です。「イメージをしながら実行に移さない」とか「成りたい自分がきちんとイメージできない」というのは本当に自分の可能性を潰す行為なのだと言えるのではないでしょうか。
14年前、こんな日が来て、こんな自分がいるなんて想像もしていませんでした。今、思うのはあの時もっとしかっりとしたビジョンを抱き、それに少しでも近づけるよう心がけて実践していたならば、もっともっと自分を伸ばす事ができたのではないかという事です。
若い人は目先のことしか見えず、そこに拘泥してしまって失敗をするということが多くあります。もっと先を見て、もっと先を見て、もっともっと先を見て毎日を一生懸命考えながら、そしてその考えを具現するよう努力して過ごしていれば、みんなみんな立派で素晴らしい人になれるのです。でも、現実にはそうなっている大人が少ないということは、それが如何に難しいことなのかということを表しているだけなのです。

多くの大人が歳を重ねるに従って「可能性」を失っていくのですが、それは何故か。
それは自分と人を比べるからだというのが理由の一つではないかと思います。世の中の85%の人がやっているから自分もそうしようとなんて思ってはいけません。残り15%の人がやっているだけでも、それが正しい事ならばそれを見倣うべきなのです。何でも「多くの人がやっている事と同じ事をするのが正しい事だ」と思うのならそれは間違いだ...と断言したい。何か難しそうなことにチャレンジをする時、多くの人が「それは無理だよ」とアドバイスをくれるかもしれない、そういう時、「他の人が無理だと思っている事を実現してみせる」ということのチャンスを感じてもらいたいなと思ったりしました。

同じ生きるなら、風化するための年齢を積み重ねるのではなく、経験年齢を積み重ねていってもらいたい。僕が10歳の時に生まれた人は、何年経っても戸籍上で僕より年寄りにはなれません。
でも、経験年齢は越えられます。
実年齢は時間を積み重ねることにより増え、経験年齢は実践により増えていきます。そして積み重ねた実績は、積み重ねていない人にはいつまでも越えられることはないのだから。ここで言う実績には、失敗も含まれます。むしろ、成功より失敗の方が加齢を加速させるのかもしれません。

研修も明日一日で終わりだから、これでみんなともお別れです。若い男女が集まっているのだから、今晩はみんな色々と忙しい夜になることでしょう。
後日、また会う機会があるだろうけど、みんながどんなふうになっているのかがとても楽しみです。そして、僕もまたその時にどんな自分をみんなの前に見せる事ができるのか、今からとても楽しみにしています。

|

« しのぶちゃんを囲む会 | トップページ | 研修最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/14617612

この記事へのトラックバック一覧です: はしゃぎ疲れでハイテンション:

« しのぶちゃんを囲む会 | トップページ | 研修最終日 »