« 僕の処女作が届きました | トップページ | 単位認定試験結果 »

2007/03/11

SPIRIT

ずいぶんと見るのが遅れましたが、やっと見ました。大好きな李連杰(ジェット・リーという呼び方には未だに馴染めない...)主演の映画で、なかなか見る機会がなく今日初めて見る事になりました。

ではでは、いつもの主観に満ちた全然役に立たない評価をさせて頂きます。
点数は100点満点です。

アクション映画として見ると物足りないかもしれない。この映画からは別にアクションを見せたいという想いが伝わってこないのです。でも、一つ一つのシーンから言いたい事がびしびし伝わってきて、とても良かった。
ただストーリーの上辺だけを追っていったら、ありきたりなつまらない映画かもしれない。この映画の楽しみ方は自分次第というところでしょうか。

題材になっている霍元甲という人は実在の人物らしく、中国では結構有名らしいので、また機会があればちょっと調べてみようと思います。

中にあった台詞で一番良いなと思ったのは、

「怖いのは自らの病に気づかぬことだ」

というもので、自分が常々言っている事を大好きな人が映画でしゃべったりすると、改めてその言葉の深さを思い知らされます。

ついでにメイキングでも

「ライバルは常に自分」

という言葉もあって、更に納得。

復讐は復讐を呼ぶだけだと言っているこの映画は、中国人だけでなく、日本人やアメリカ人、その他世界中の人に見てもらい、考えてもらいたいと思います。

そういえば、最後の方に日本人が出て戦っていましたが、何ですかあれ?
他にもっと良い役者はいなかったのかなぁ。あれが無ければ満点越えだったのに。

|

« 僕の処女作が届きました | トップページ | 単位認定試験結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/14217256

この記事へのトラックバック一覧です: SPIRIT:

« 僕の処女作が届きました | トップページ | 単位認定試験結果 »