« 地元に戻ったら会いたい人 | トップページ | 自費出版withマイブックル »

2007/02/24

マイブックル

0702242300無料で出版できる本屋さんだそうです。

マイブックル

こういうサービスってとても不思議です。本当にビジネスモデルとして成り立つほど利用する人がいるのでしょうか。

でも、そう思いながらもとても素晴らしい要素を持っているような気がします。こういうサービスを利用すれば、誰にでも多くのチャンスを手に入れる事ができるのです。

ネットさえあれば、自分の住んでいる場所も時間もそれほど重要ではなくなります。むしろ、ごみごみした都会に嫌々住む必要無く趣味と仕事を両立できるかもしれないのです。

とは言え、実際に本を作ってみようとすると、パソコンをちょっとかじった程度の人ではなかなか苦労しそう。Wordで文字をただ打つだけでは出来上がりの本はとても見栄えがする物にはならないでしょう。工夫するためにはそれなりの知識は必要だし、しっかりとした物を作ろうと思えば、それなりのソフトウェアも必要になってくるでしょう。

でも、パソコンや最近のフリーウェアに関する知識があれば、これらの問題の多くは簡単に解決してしまいます。文章を作るのならLinuxやOpenOffice.orgを用い、画像の編集ならGIMPでやればそれなりのことはできますし、本を作るにはPDFファイルをアップロードするだけなのでこれも無料でできます。

PCだって、性能を選ばなければ中古で安く手に入れる事ができますので、無理してWindowsVistaが動作するようなPCなどに乗り換えなくなって、Pen4 1.5GHzにRAM 256MB、HDD 40GBあればネットにメール、本作りまで一通りできてしまいます。
CS-e-Shopという中古パソコン屋を覗いてみると、液晶モニタと本体を合わせても2万5千円程度で購入できます。それなのに、何故10万円もかけて最新版を購入する必要があるのか。最新版のPCも、数年後には同じ道を歩くだけなのに...

ということで、これからは自費出版の金銭的な障壁がとても低くなりそうです。

人が趣味を必要とするのは、それを極めたり楽しんだりするためだけだとは思いません。趣味を通じて心や体を鍛え、人生を豊かにするためのものなのだと考えています。そしてそれを人に公開する事で、更に多くのことを学び、向上させる事ができると信じています。だから、こういうサービスを利用して自分を更に向上させることにつながる日がくれば、このサービスには金銭以上の素晴らしい価値があるのではないかと感じています。

|

« 地元に戻ったら会いたい人 | トップページ | 自費出版withマイブックル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/14038865

この記事へのトラックバック一覧です: マイブックル:

» 自費出版|自費出版の関連ニュース [自費出版|自費出版の関連ニュース]
自費出版に関連するニュースを集め自費出版について考えます。みなさまの自費出版の何かのヒントになれば幸いです。 [続きを読む]

受信: 2007/02/26 10:23

« 地元に戻ったら会いたい人 | トップページ | 自費出版withマイブックル »