« Yahoo! UI LibrayのAjaxでSafariが文字化け | トップページ | あの人は変わった »

2007/02/09

人生は常に手遅れ

先日、仕事の引き継ぎが終わりました。終わったと言っても引き継がれた人たちが、即僕の代わりになれるかというとそういう訳にはいきません。

実は今回仕事を受け渡した人たちは以前から「僕がやっていることを手伝わない?」と声をかけてきた人たちでした。そして、その時彼らは少し手を出したのですが、結局数日か数週間でしなくなってしまっていました。
しかし、彼らは「難しい」とか「時間がない」という理由で投げ出していたため、引き継ぎ時に苦労する事になってしまっているのです。

でも、これは彼らばかりが悪いのではないのではない。僕もこうなるとわかっていたから声をかけたのに、投げ出す彼らに何の対策もとってこなかったのです。だから、こうして辞める前に長い時間をかけて引き継ぎをしなくてはならなくなってしまっているのだから。

そうして考えてみると、表題のような言葉が頭に浮かびました。

今まで僕は自分ができることを精一杯頑張ってきましたが、最前の道を全力で努力してきたかというとそうでもないような気がします。得た物もあれば、失ったものもあるし、得られるはずだったものを得なかったこともあるはずです。その中には僕が全く気づいていないものもあるでしょう。
中にはそうして頑張ってきたために悪い方向に向かってしまた事だってあるはずです。

赤ちゃんの時から時間は無慈悲に流れて、本当は一日前にしていなくてはならないことを一時間後にしているのかもしれません。一年前に終わっているべき事を十年経っても終えていないのかもしれません。

だけど、考える。
だから、考える。
その手遅れを少しでも取り戻すために。
手遅れだから手を出さないのでは、ただ無為に死ぬだけです。

だから、毎日をただ過ごすのではなく、自分は何を失ってきたのか、そしてそれを繰り返さないために何をすべきかと常に考え、実践しなくてはならず、それが生きるということなのかなと思います。
そしてそれをするためには、それを実践しなくてはならない。
全くもって、「鶏と卵」の関係なのかなと思います。
でも、きっかけはどうでもよくて、一度気づいて考察と実践のループに入ってしまえば誰でもその遅れを取り戻す事ができると考えています。

小学生でも社会人でも、定年退職前のおじさんでも、年金生活の老人でも同じ事。
誰でも常に手遅れなのだから、今から始めても良いのだと。
でも、今始めないとその手遅れの度合いは大きくなるのだと。

そんな思いを引き継いで、引き継ぎを終わりました。

|

« Yahoo! UI LibrayのAjaxでSafariが文字化け | トップページ | あの人は変わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/13877367

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は常に手遅れ:

« Yahoo! UI LibrayのAjaxでSafariが文字化け | トップページ | あの人は変わった »