« 辞めると伝えてきました | トップページ | Mac miniの分解 »

2007/01/11

男女平等と男尊女卑

最近は男女平等ということをことさら騒がなくても平等に扱うよう心がける風潮が日本にも根付いてきたように感じます。女性もどんどん男性だけがやっていた分野に進出してきましたし、男性もまた女性の分野に入っているような事例もいくつか見受けられます。

つい先日乗った新幹線の運転手さんも女性の方で、きりっとして直立不動の状態で運行の安全を確認する姿は見ていてとてもしっかりされているように感じましたし、女性であるからと不安に感じることなど全くありませんでした。
むしろ、隣のホームで到着する電車を待ちながら近くにいる清掃員の方と雑談をされている男性乗務員の態度の方が不安を覚えるくらいでした。

ただ、変なところも見受けられます。
男性でありながら化粧をして歩く人を見かけるのもあまり稀でなくなってきたし、身近に同性愛者がいるという話を聞くことも時々あります。男性が進んではいけない女性の分野に進んでいるのでしょうか。
一方で女性の中にも男女平等に伴う責任の意識が欠如して、平等だからということのみを主張している人も時々見受けられます。
また、それとは対照的に進んできた男女平等の社会に取り残されたおじさん達の中には、「昔は許されたけど今は許されない事」の判断がうまくできない人もいるようで、とんでもないことになりそうな予備軍もたくさん見かけます。

ただ「男女平等」と言うけど、平等である必要ってあるのかなと思ったりしてきます。
 平等ってなんですか?
 平等であることの意義ってなんですか?
昔から平等というものを実践するとき、多くの場合で勘違いしているような気がしてなりません。

例えば、出される食事の量は全員一緒というのは平等ですか?
例えば、同じ賃金を支払うからと言って女性に男性と同じように深夜残業を要求するのは平等ですか?

人が食べられる食事の量は各人で違うはずです。それぞれの人にとって必要なカロリーの量や食べる速度には大きな差があるというのは、特に深く考えなくてもわかるでしょう。

男性と女性では体の作りが違うからあまり同じ事を要求しても耐えられないことがあるでしょう。

男女平等などというのはまやかしなのです。昔の女性が蔑まれていたのは、平等ではないからではなく対等でなかったからです。男性が女性の仕事に対しその必要性をあまり認識しないで、男性は偉く女性はその下だと教えられてきたため、あまり能力や分別の無い男性までが女性を下に見たのであり得ないような扱いをしていたのです。

最近、平等というのが浸透してきましたが、これがどんどん進んで男性と女性が同じ土俵の上で戦うようになったら、そのうちまた差別が生まれるような気がしてなりません。その時、男尊女卑になるか女尊男卑になるかはわかりませんが、今の風潮からすると再び男尊女卑の社会に戻るだけだと感じます。

男女は平等ではなく、対等でなくてはなりません。
男女平等は晩婚、少子化、性犯罪の増加など、多くの問題の原因の一つではないかとさえ思えてきます。もちろんこれで全てが解決するなどとも思いませんが、糸口の一つにはなるのではないかと考えています。

その昔、女性は男性の一歩後ろを歩くというのがありました。これは男尊女卑ではなく、女性は男性を尊重していて男性もそうして尊重してくれる女性をしっかり守るという責任を全うするというお互いを対等に扱う表現の一つだったのではないかとも言えないでしょうか。そして、それを美しいと感じる感性を養っていることが、自己の責任をしっかりと認識したり、身を引くという一番難しい所作を習得する助けになるのではないかと思います。一人で前を歩いていると不安を感じたり、一歩後ろを歩いているのが不満だという人を一言で表現するなら、「修行が足りない」と言ったところでしょうか。

平等という一見正しそうな言葉に隠れて、本当に大切な事を忘れさせられているように感じます。加えて、個人主義などというさらに端的な文化が浸透してきたせいで、この大切な事がさらに奥へ奥へと押しやられているようにも見えます。

「男女対等」という意識で見ると、何か別のものが見えてきませんか?
もっとも男女に限らず、個人全て対等であるのだと思います。お互いの能力に対応して等しい扱いを受けるというのは判断が難しいので、「平等」より実践が難しいのはわかります。でも、『難しい≠やらなくてもいい』ということではないですよね。

|

« 辞めると伝えてきました | トップページ | Mac miniの分解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/13448132

この記事へのトラックバック一覧です: 男女平等と男尊女卑:

« 辞めると伝えてきました | トップページ | Mac miniの分解 »