« 忘年会 | トップページ | 「ありがとうございます」と「よろしくお願いします」 »

2006/12/18

査証(ビザ)の更新手続き

本国に身寄りが無く、病気で働く事ができない妻の母親を引き取って早2年が経過しました。
そこで、毎年この時期になると「特定活動」という名目で1年のビザをもらっている義母の更新手続きが必要になります。ビザの期限は1月なので、いつも1ヶ月前の12月から準備をしています。

去年、手続きに必要な書類をメモした紙を作成しておいたのですが、引っ越しをした際に行方不明になってしまったようです。そこで、今朝入国管理局へ電話して手続きに必要な書類を再度教えてもらいました。今は手元にメモがあるけれど、またなくすといけないのでオンライン上にメモしておく事にします。

必要な書類
- 扶養者(僕)の在職証明書
- 扶養者(僕)の源泉徴収票
- 家族全員の住民票
- 妻と義母の外国人登録証記載事項証明書
- 義母の医師による診断書

とりあえず、今朝会社に電話して在職証明書と源泉徴収票をお願いしておきました。年内には両方とも届くとのことなので、その他必要なものを集めて今週中に手続きをしに入管へ行こうと思います。不足する資料については、手続き時に「すみません、後日郵送します」と言えば手続きは進められるので問題無し。
ちなみにビザの期限の前日までに申告しに行けば、審査結果が出るまでの間は日本に滞在できることになっているので、それほど慌てる必要は無いのですが、やっぱりぎりぎりだと何か不安を感じてしまうので、余裕を持って手続きをするほうが良いでしょう。

自分のためのメモだけど、もし他にも同じような手続きをされている方がいれば、何かの参考にはなるかもしれません。もし、義母を日本に招待した時の手続きを知りたい方は、下記リンクを参照ください。

外国人の妻の母親と日本で同居する際に行なっている手続き

|

« 忘年会 | トップページ | 「ありがとうございます」と「よろしくお願いします」 »

コメント

何かを申請・更新するときは本当に色々な書類が必要なんですね・・・
本人確認等の為に必要なのでしょうが、そのような様々な証明書や申告書等が必要だからついつい、一般人は専門家に任せたくなってしまうのでしょうね。先日、初めて「登記されていないことの証明書」(法務局発行)「身分証明書」(戸籍のある市役所)があることを、この年になって知りました。それを見て当たり前ですが・・・世の中に私は存在し、監視されているのだ~と感じました(笑)

投稿: tmmt | 2006/12/18 13:04

tmmtさん、コメントありがとうございます。
確かにこういう手続きを自分で調べるとなかなか大変ですよね。世の中には「電話するのが嫌」という人もいるから、尚更専門家に頼ると便利な気がするのかも知れません。かく言う僕ももしインターネットが無かったら専門家の協力をお願いしたと思います。これほど情報が簡単に入手できるって本当にすごいことだと痛感する毎日です。
監視は生まれたときから始まっていますよね。出生届を出すよう法律で定められているから、日本で生きる以上逃れられません。でも、僕みたいな転勤族にはこの監視が便利に働くことが多いですよ。

投稿: きむらしのぶ | 2006/12/19 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/13108386

この記事へのトラックバック一覧です: 査証(ビザ)の更新手続き:

« 忘年会 | トップページ | 「ありがとうございます」と「よろしくお願いします」 »