« 「離れ」の建築 | トップページ | 2日で4万稼ぐ »

2006/11/04

WindowsVista on Mac OS.X with Parallels Desktop for Mac

0611040432先日、BootCampを試したという記事を書いたばかりですが、今度はMac上でWindowsを動かすParallels Desktop for Mac(以下Paralleles)というソフトウェアを試してみました。

近日中に日本語版が発売されるそうなのですが、この手のソフトウェアに言語は関係ないので、英語版をダウンロードしました。

Parallelsのインストールはいたって簡単で、ディスクイメージを開いてセットアップを実行するだけ。Install OSというボタンがあるのでそちらを選択するとWindows XPとVistaまたは他のOSという感じで、XPとVista用には特別な機能が用意されているみたいだったので、こちらを利用します。ユーザー登録名とシリアル番号を入力しておくと勝手にインストールが進み、特に何もすることなくAdministratorでログインするところまで進んでしまいます。また、Parallels専用のドライバー類もそのまま待っていると勝手にインストールされていくので、「安全じゃないドライバーがインストールされようとしているけどいいの?」とWidnowsが聞いてくるのを「はい」、「はい」と答えるだけで終了です。

なんて簡単なんでしょう。ちなみにインストールしたのはWindowsVista RC1です。

では気になる動作ですが、速度は全然問題無しです。僕が使う程度の用途にはとても快適な速度で、Virtual PCと比較なんてしようものなら、Parallels様に失礼なくらいです。また、家にある他のマシンにインストールしたWindowsVistaより快適に動いています。これはすばらしい技術だ。
これがあれば、WindowsとMacの相互利用に何の問題も感じることは無い。しかも、ParallelsはBootCampと違ってOSを選ばないから、LinuxやSolaris、FreeBSDでも動かすことができるという点で、BootCampと比較するのもParallels様に申し訳ない。

一つだけ気になったのは、英語版のParallelsには日本語Appleキーボード用のドライバーが無いようで、日本語変換に使うキーが動かないということです。これはちょっと不便だけど、何とか解決策を探そう。

これで、一つのPC上にMac OS.XとWindowsXP、WindowsVistaという3つのOSがきちんと動作する状態で共存することになりました。満足、満足。

今、このブログは別のノートパソコンで書いています。iMacの環境設定は全然進んでいないので、使い物にはなりません...ってそれは本末転倒ではないですか。ずいぶんHDDの中身も汚れているようだし、もうしばらくインストール遊びに興じてから、Mac OS.Xを入れ直して使おう。

|

« 「離れ」の建築 | トップページ | 2日で4万稼ぐ »

コメント

Parallelsと相性の良さそうなVirtueDesktopsというフリーウェアがあるようですが,いかがでしょう。
http://netafull.net/macosx/015037.html
というか,私も狭い画面を有効に使うためにぜひ欲しいのですが,配布元が落ちているのか,さっぱりつながりません。
http://virtuedesktops.info/
もし入手済みなら分けていただけないかなーと。(^^;

投稿: gena | 2006/11/05 16:22

自己フォローです。
今日見たらちゃんとダウンロードできました!
なかなか面白いです。
モーションセンサーで切り替わるようにしたら,猫が乗った衝撃で切り替わってしまいました...

投稿: gena | 2006/11/06 20:57

genaさん、コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。早速リンク先を見させていただきました。
なかなか面白そうですね。また、試してみます。

投稿: きむらしのぶ | 2006/11/07 04:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12546570

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsVista on Mac OS.X with Parallels Desktop for Mac:

« 「離れ」の建築 | トップページ | 2日で4万稼ぐ »