« 2日で4万稼ぐ | トップページ | 最初に手にするクリエイティブツール »

2006/11/07

「いじめ」について一言

最近、問題になっていますね。どうして、昔から問題になってこなかったんだろう。

かく言う僕も学生時代にいじめられていた時期がありました。「むかつく」とか「臭い」とか「汚い」などという言葉をほぼ日常的に聞き、他にもここには書きたくないようなことも色々あって、心底学校に行くのが嫌になりました。最初は、自分がどうしていじめられるのか、自分のどこが悪いのかとずいぶん悩みましたし、どうしたらいじめがなくなるのかということについてもずいぶん考えました。が、いつの頃からかそんなことについて考えるのがばかばかしくなってきました。

それは、先生を含めて大人たちもいじめたり、いじめられたりしているのだから、子供がいじめないなんてありえないと考えるようになったからです。

案の定、就職してから何度もいじめの現場を目の当たりにしてきました。こうした、いじめる人たちの子供もまたいじめをするのでしょう。子供にとやかく言う前に、反省すべきは大人です。

また、僕はいじめる側も悪いがいじめられる側も悪いという考えを持っています。もちろん全てのケースが該当するわけではないと思いますが、いじめるような小さな存在達と迎合したいなどと考えるからひずみが生まれるのです。いじめられる人はもっともっと強くなって、自分を磨かないといけないのです。持って生まれた顔、性格や環境を自分自身で克服し、自己を確立すればいじめなんて気にならなくなります。僕はまた、そういう人も何人か見てきました。いじめは学生時代だけの問題ではありません。大人になっても続くのだから、強くなっておかないといつまでも苦しむことになります。

いじめる側は非常に小さな存在で、誰かに作られた既成の価値観にしがみつき、「自分が悪いことをしている」という認識も持たずにいじめをしているのですから、彼らの心理など理解しようとするだけ無駄です。僕も誰かに嫌がらせを受けたらもちろん腹が立ちますが、その後でなんであんな小さな存在と同じレベルに降りてしまったのだろうと反省します。いじめに慣れるのではありません、いじめる人を哀れむのです。

そうして自己を確立して強くなったとき、僕たちいじめられた経験を持つ人間が力を発揮して、いじめ社会を変えるような行動をしなくてはなりません。しかし、いじめられなくなった人間が、今度はいじめる側に走るというのもまた多々あるようで、過去から何も学ばない人間の愚かさを痛感させられます。

それから、靴を隠したり、服を汚したり、殴る蹴るの行為は犯罪です。それを幼稚園や保育園、小学校できちんと教えないから、中学・高校になって力においても手がつけられなくなった時に取り返しのつかない問題になるのです。子供の犯罪は親の責任であり、他人の子供を傷つけるような子供を育てた親は、社会的に制裁を受けるべきではないでしょうか。「子供に教育を受けさせる義務」はあるのに、「子供を教育する義務」は無いなんておかしくないですか?

「みんな強くなろうね。でも、仕返しをすることが強いということでは無いんだよ。」

今現在、いじめに苦しんでいる人にとっては全然ありがたくもなく、何の役にも立たない言葉かもしれません。ですが知ってください、いじめる人たちは何も感じていなければ、何も考えてはいないということを。自分を救えるのは、自分だけなのです。

|

« 2日で4万稼ぐ | トップページ | 最初に手にするクリエイティブツール »

コメント

またまた、難しいお題で来ましたね~たぶん私の言いたい事を書くと長文になってしまうので簡単に記入する為、誤解が生じるかもしれませんが、子供時代、ここだけの話?いじめっ子でした。小学校高学年で自分の愚かさを知り「いじめ」はそれ以来卒業しました。1対1は喧嘩・・・言い合いが出来るのも喧嘩・・・と私は考えており、3人以上対1人は「いじめ」なのかな~と思ってます。実際、いじめる人は弱いのです。1人では行動出来ないので仲間を集め行動に出ます。仲間も、1人になりたくない為に従います。いじめられる側も強くなって欲しいですが、いじめる側も精神的に強くならなくてはいけないと感じてます。

投稿: tmmt | 2006/11/08 12:41

tmmtさん、コメントありがとうございます。
確かに難しいですよね。いじめる側が精神的に幼いというのは、僕の主張とほとんど同じ考え方なのかなと思いますが、いじめる人の教育って難しいですよ。悪いことを悪いと認識しないまま、悪いことをしているのだから教えてもそれが悪いことだと理解できない人が多いのです。
職場でよく見たパワーハラスメントの例では、むしろそれを面白いと感じることすらありました。自分のストレスのはけ口なのだから、彼らは立場的弱者を攻撃することで気持ちよくなっているのです。そのうち訴えられて裁判になり、執行猶予付きの有罪判決が出ても、相手を恨むだけでどうして自分が訴えられたのかは全然わからないのです。

tmmtさんは普段から自分と同じような人がたくさんいると感じますか?
多分、いじめを自分でつまらない行為だと感じられたのなら、かなり希有な方だと思います。いじめのことばかりでなく、周囲に似たような人ってあまりいないのではないでようか。どこかに素晴らしい才能をお持ちだと思いますよ。

投稿: きむらしのぶ | 2006/11/09 05:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12601569

この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめ」について一言:

« 2日で4万稼ぐ | トップページ | 最初に手にするクリエイティブツール »