« ...パソコンが増えてしまった。 | トップページ | 愛の形 »

2006/10/17

通訳の仕事

今日、かみさんに知らない人から電話がかかってきました。
何でも、「産業会館」というところで開かれる技術交流のイベントで韓国の企業が日本の企業に向けた説明会をするらしいのですが、その際通訳の人数が足りないので協力して欲しいということらしいのです。

うーん、かみさんはいつの間にか有名人になってしまったなぁ。
僕なんて、毎年数冊の雑誌に名前が載っていても名指しでお仕事をもらった事など一度も無いのに...

何にせよ、ニッチな部分で力を伸ばすというのはとても有益なことだと感じました。多くの人ができることをより上手くこなすより、誰もできないことを一つ持つということの価値を改めて考えさせられました。

そこで考えてみると、僕にしかできないこと...僕にしかできないこと...思いつかない。
そういう能力を身につけるのって難しいですよね。

これまで、「電気主任技術者」と「ソフトウェア開発技術者」の両方を持っていて、ハードとソフトの両方に一通りの知識があるというのが僕の「売り」だと思っていたけど、いざ考えてみると、どちらもエキスパートでは無いんですよね...どちらも一般人より上だけどその道の人達には到底及ばないっていうのはやっぱりだめなのかな。

「器用貧乏」とはまさに僕を表現するのにぴったりの言葉ですね。

閑話休題。
やっぱり人から頼りにされるというのは、とても良い事だと思います。面識の無い人が評判を聞いて連絡をしてくるなんて、なかなかできることじゃないとも思います。
かみさんにはもっと色々な事にチャレンジして活躍する場を広げてもらいたいと思う反面、僕もしっかりと実力を付けて誰かのためになれるよう頑張っていかないといけないですね。

最近、家族自慢が多くなってますね。気をつけます。

|

« ...パソコンが増えてしまった。 | トップページ | 愛の形 »

コメント

良い夫婦ですよね!お互いの仕事?趣味?を理解し協力あってこそ、向上出来るんですよね。家族自慢を聞いて、我が家は反省ができ、これもまた、影響されます!ちなみに、先日の試験2日前に、旦那より一言「来年からは協力しないからな・・・」と。なんせ、私が家族が起きている時間に勉強するのは気に入らなかったようで、何度も衝突ありました。中々、主婦が勉強・仕事をするのは、本人のやる気だけでは、無理がありますよね。家族の理解と、協力があってこそだと思います。奥さんの功績は、旦那さん、家族の功績でもありますよ!

投稿: tmmt | 2006/10/18 23:55

tmmtさん、コメントありがとうございます。
確かに一人の力だとは言えない部分はたくさんありますよね。僕も手放しでかみさんの応援をしているかと言うとそうでもないので、あまり大きな声では言えないですけどね...このブログは読んでる人が少ないので、小さな声だということにします。
「自己研鑽」というのは響きの良い言葉ですが、結果が伴わなければ周囲に理解してもらうのは難しいですよね。tmmtさんの頑張っている姿が家族に通じて、家族もまた頑張るという雰囲気が家庭に生まれると良いですね。

投稿: きむらしのぶ | 2006/10/19 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12323599

この記事へのトラックバック一覧です: 通訳の仕事:

« ...パソコンが増えてしまった。 | トップページ | 愛の形 »