« 人形のお家 | トップページ | 通訳の仕事 »

2006/10/15

...パソコンが増えてしまった。

先日の記事で「パソコン関連の見直しをして、台数を減らす!」と意気込んでいたのですが、見直しをした結果...また一台増えてしまいました。

知り合いから、買い替えのために不要になったPCがあるという連絡がありました。ただしその不要なPCの状態は、「HDDの調子が悪くて数回に一度起動しないし、ファンはうるさく、グラフィックボードもおかしいみたいで画面に変な線が表示される」というものでした。誰もいらないって言ってるけど、僕なら欲しがるのではないかという事らしい...もらってきてしまいました。

スペックは

CPU Pentium3 700MHz
RAM 128MB(PC133)
HDD 30GB
CD-ROM
LAN 10Base-T
OS Windows98
です。

早速電源を入れてみると、死ぬほどうるさい。ブーンという音がやたらと耳につきます。
OSの起動のためにHDDが回り始めると、不定期に「カツーン、カツーン」という音がしてOSもなかなか立ち上がらない。やっと起動しても画面には色のムラがあって、聞いていた通り変な線も表示されている。

使い物になりませんでした...とは言え、これをそのまま捨てると5,000円かかってしまいます。ということで、修理してみることにしました。

まず、騒音の原因を調べてみると主にCPUファンとHDDでした。これは必ず交換する必要がありそうです。ですが、思ったより動作中にCPUの放熱フィンが熱く無いのでCPUファンはいらないかな...なんて考えていたら大間違い。試しに放熱フィンを外してみると、グリースがカピカピに乾いていて働いていなかっただけで、グリースを塗り直すと放熱フィンはチンチンに熱くなってしまいました。CPUファンも買い替えと...
次にグラフィックボードですが、Low-profile対応のものなんてなかなか見つからず、困っていたら幅の広く無いGeForce2 MX400というボードの中古品があったので、これを購入。
光学ドライブがCD-ROMというのもまた使い物にならないので、DVDコンボドライブに換装。
ついでに、余っていた512MBのRAMも取り付けて、RAMの容量UP。

OSは余っていたWindowsXPのシリアルを使ってインストールを試み、デバイスもほとんど勝手に認識してくれて、インストールは無事終了。
今では静かでメール確認とネットサーフィン程度なら快適に動作するマシンへと変貌を遂げました。

かかった費用の概算は...

CPUファン = ¥1,200-
80GB HDD = ¥5,500-
グラフィックボード = ¥3,000-
DVDコンボドライブ = ¥2,500-
...合計¥11,200-ですね。僕の労力も加えると、結構な額がかかってしまいました。
さて、使い道は...無い。

|

« 人形のお家 | トップページ | 通訳の仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12289414

この記事へのトラックバック一覧です: ...パソコンが増えてしまった。:

« 人形のお家 | トップページ | 通訳の仕事 »