« 障子の張り替え | トップページ | IntelMacが来た »

2006/10/27

明日から4日間、島根に帰省します

早いもので弟が亡くなってからもうそろそろ2年が経過しようとしています。
思い返してみれば、色々とあったような、無かったような...身近な人間の死と言うのは本当に色々なことを考えさせられます。

中でも一番考えたのは、「僕は何のために生きているのか」です。

それまでは、知っているつもりでした。僕は、僕がしなくてはならないことを毎日考え、行動しながら、こつこつと自分を育て、成果を出していると信じて疑いませんでした。

でも、ふと思い返して考えてみるのです。僕が突然いなくなったとして、僕と弟の違いはあるのか?
その答えは、「何の違いも無い」です。

誰かに強烈な印象を与え、世間に名を残すようなことはしていないので、結局、僕を覚えているのは弟と同じで周囲にいるごく何人かに過ぎません。しかも、僕はとても身勝手な人間なので、その周囲の人のうち悲しんでくれる人の割合もあまり高くないことでしょう。

それがわかった頃から、僕は僕が個人であることの意義を日に日に見出せなくなってきてしまいました。僕一人が何かを成すことよりももっと何か大切なことがあるような気がしているのですが、まだ、それが何かははっきりとわかりません。

その、僕がしなくてはならないことは、多分僕個人を際立たせることでは無いような気がしています。一人の人間、一個の生命体として、誰にも記憶されることが無くても、そこにあるはずの僕の役割を全うするということが、僕のしなくてはならないことなのではないかという気がしています。

もしかすると、僕が自分で「僕のしなくてはならないこと」を考えるなどというのは、とても不遜なことだったりするかもしれません。

弟と別れた2年前から、実家に帰る度に何か答えのようなものに近づきつつあるような思いが胸に残ります。今回の帰省でも、もう少しそれに近づけると良いなと思っています。

って、この時期になるとどうも考えがまとまらなくなってきます。書いていることが、とても独りよがりで読んでる人には全然何が言いたいのかわかりませんよね?反省、反省。

|

« 障子の張り替え | トップページ | IntelMacが来た »

コメント

はじめまして。
いろいろ見ていたら、ここに辿り着きました。
私は、僕は何のために生きているのか、と人生の意味を考えてしまうきむらしのぶさんのような人を応援するブログを書いています。
よかったら寄っていって下さい。

投稿: じん | 2006/10/31 14:43

じんさん、コメントありがとうございます。
おかげでさまで、この帰省中に色々と面白い経験をすることができ、自分を見出すことにいくつか成功したような気がしています。
また、興味がありましたら時々当ブログへお越し下さい。

投稿: きむらしのぶ | 2006/11/01 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12445066

この記事へのトラックバック一覧です: 明日から4日間、島根に帰省します:

« 障子の張り替え | トップページ | IntelMacが来た »