« 帰省 | トップページ | 無線LAN導入 »

2006/09/05

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

職場の人から借りたので、早速見てみました。

ちょっと深く考える所があって、良い作品とか悪い作品とか言う評価は難しいような気がしました。言いたい事もわかるようなわからないような、複雑な心境です。
とりあえずこれで3作全てを見ましたが、嫌いな作品ではないという以上の言葉が出てきません。

他の人達はこの作品を見て何を感じるんだろう。世の中にはガンダムが大好きで、赤い何かを見ると異常に興奮する人がいるけれど、こういう人は多分僕とは全然違う見方をしているのでしょうね。
また、最近は実際に戦争が行われていて多くの人が理不尽な死を迎えているのに、僕たちはこうして戦争を娯楽に利用する人の作った架空の話の中で感動し、わかったような気になっているだけなんだと思うと、自分自身の愚かさも感じずにはいられません。

こんな機械が自由に宇宙を飛び回れるような技術力を得る頃には、戦争なんて起きない世の中になっていてもらいたいものです。人はどうして戦争なんてするんだろう。意味の無い願いかもしれませんが、何かを決定する力のある人には誤った道を進んだり、私利私欲のために他人を利用するようなことをしないでいて欲しいと願うばかりです。

絵は僕の大好きな恩田尚之氏のもので、今回は書き直しの部分がこれまでよりも多かったみたいでとても満足しています。どうせなら、全部書き直してくれたらいいのに...という思いは拭えませんが、それは仕方の無いことかな。ただ、よくよく見ると体のバランスがちょっとおかしいかも。
音楽や効果音もとても良く感じました。ただ、ストーリーが突飛で、最後まで盛り上がりに欠けるという印象があるのは、僕の予備知識が足りないためだというのは、これまでの作品と同じ感じですね。

今度はテレビシリーズをきちんと見てみます。その後でもう一度この映画を見てみたいと思います。

|

« 帰省 | トップページ | 無線LAN導入 »

コメント

ちょうど私も先週1,2を観て,今日3を借りてきたところです(まだ観てません)。

>技術力を得る頃には、戦争なんて起きない世の中

というのはまったく同感ですね。兵器やロボットはカッコいいですが,アニメの中だけにしてもらいたいものです。

テレビの13話を100分に圧縮しているのでテレビを観ていないとワケがわからないし,テレビを知っている人には好きなエピソードが削られていて納得いかない。難しいところですね。
声優さんがずいぶん変えられているのは違和感がありました。あの主題歌も(好きな人には申し訳ないけれど)ちょっと...という感じでしょうか。画の方は方々で言われていることなのであえて触れません。

投稿: gena | 2006/09/05 19:57

genaさん、コメントありがとうございます。
最近、ハリウッドでもリメイクが流行っていますが、やっぱり評判になった作品はファンも多く、趣向もそれぞれに違うためなかなか難しいですよね。
制作者が同じでもリメイクは難しいということなのでしょうか。でもそれはまた、ファンが多いということの証明なのかもしれませんね。

投稿: きむらしのぶ | 2006/09/06 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/11766936

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-:

« 帰省 | トップページ | 無線LAN導入 »