« 猫の恩返し | トップページ | 放送大学 平成18年度2学期 »

2006/09/16

研修終了&無事に帰宅

0609141232茨城での研修が終わり、つい先ほど無事に自宅へ着きました。
今回の研修は色々と楽しみました。ついついいつもの癖で、周囲にお構い無しで自分のやりたいようにやってしまい、人によっては不快な思いをされた研修生もおられたのではないでしょうか。反省です。

やったことをいくつか簡単に書くと、会社幹部から仕事の仕方、原価の計算、倫理や道徳、部下の育成方法などについての講義を聴くのと、研修生をいくつかのグループに分けて会社運営に関するあるテーマについて議論をし、その内容について発表をするというものでした。

常々、会社の運営について実践ができていないと嘆く日々ですが、教育の内容はしっかりしていました。ある意味、当たり前の事を言っているだけなのですが、実践できていない人達はそれすらもわかっていないのではないかと思わせられていたので、上層ではきちんとした理論を持って会社を動かそうとしていることがわかって良かったです。

議論と発表について、4、5人のチームが4つほどあったのですが、どのチームも仕事の現状にある問題点を認識し、それを解決させるための持論があるようで、思ったより発表は面白かったです。また、この発表を担当した営業統括本部の支所長をしている人の話も有意義でした。実際の仕事に関する手腕はわかりませんが、場をまとめて相手に自分の考える問題点を共有させる話し方や相手のレベルに合わせた説明も上手でした。
これはとても勉強になります。

ただ惜しむらくは、その教育の内容がある程度仕事をしてきた人にはちょっと易し過ぎるということでしょうか。教えている内容は全て気付いているべき事であり、それを如何に実践しながら仕事をしているのかを検討させるような内容であるべきではなかったかと思いました。
どの講師も「わからない事があったら上司に聞いてみて下さい」と言っておられましたが、「それは聞くべき事じゃないでしょう」と思われる事が多々ありました。

終了後に懇親会があったので、教育担当の人に感想をだらだらと述べていたら、いつの間にか他の研修生は誰もいなくなっていました。懇親会終了後、気が付くと1時間も教育部門の部長代理に意見を言っていたりして...いつもながらやり過ぎる自分を反省するばかりです。

今回の出張は、他にも色々と楽しい出来事があったので、それはまた別の機会に紹介したいと思っています。

|

« 猫の恩返し | トップページ | 放送大学 平成18年度2学期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/11918867

この記事へのトラックバック一覧です: 研修終了&無事に帰宅:

« 猫の恩返し | トップページ | 放送大学 平成18年度2学期 »