« コンテストに参加してみる | トップページ | Excelの使い方を教えています »

2006/09/24

「若者の科学離れを考える」

0609242106少し前になりますが、島根原発の近くに断層があるという報道がありました。mixiには、ニュースに個々の意見を日記で公開して残す機能があるので、ある程度関係のあるニュースに対し一般の方はどう思っているのかを知りたくてこの日記を読んで回っていました。

そこに松江市民と思われる方のコメントとして、「島根県にある核融合炉の立地は...うんたらかんたら...」と書かれていて、原発に反対する言葉が列挙してありました。普段なら「愚かだな...」と一蹴するのですが、あまりにも自信たっぷりに誤った意見をつらつらと並べているので、ついつい「島根の核融合炉ってどこにあるんですか?」とコメントしてしまいました。すると、丁寧に「鹿島町だ」と教えて頂きましたが、僕のコメントの意味は他の人が補足するまで理解はしてもらえなかったばかりか、挙げ足を取った僕のコメントに対し「そんな違いはどうでもいい事だ」と言ってきました。
普段ならこんなコメントも「愚かだな...」と一蹴するのですが、誤った知識を持って他者の行為を誹謗中傷しているのがあまりに不憫で、ついつい「断層の上に原発が存在するのは、ろくな知識も無いのにフィーリングで文句ばかり言ってきちんと反論できない人のせいだ」と書いたらその日記をブロックされ閲覧できなくされてしまいました。

今思い返してみれば、僕も「愚かだな...」と思わずにはいられませんが、とても危険なことだと感じて忘れる事ができません。技術者の多くは一般人に技術の感じさせないで、その恩恵のみを与えるのが良い事だと考えているようですが、これは本当にそうでしょうか。電気の無い生活など考える事ができない世界にいながら、電気に関する知識は全くない人ばかりで、ほんの一握りの人のみがそれをコントロールしているというのは異常以外の何でもありません。

それに危機感を感じる事も無く、メディアに提供された情報を鵜呑みにして非難し、しかも誤った知識を恥じる事も無く指摘した人を蔑むような人ばかりになったらどうなるのでしょう。既に多くの部分でそんな社会がやって来ているような気がしてなりません。今はIT、ITと騒がれていますが、相手が知らない事を利用して暴利を貪っているような人がどれほど多いか考えてみて下さい。

そんな思いを抱きながら日々を送っていたら、放送大学に「若者の科学離れを考える」という科目があるのを見つけました。ここに答えは無いかもしれません。でも僕自身漠然とした知識で社会を非難していては、前述のmixiニュースで日記を書いていた人と何も変わらず、僕の言葉に誰も耳を傾けてはくれませんよね。

今、一章の半分まで読み終わったところですが、やっぱり数値があると説得力ありますね。
これをきちんと履修して、僕も人の反感を買うのではなく、説得力のある文章が書けるようになりたいと思います。

|

« コンテストに参加してみる | トップページ | Excelの使い方を教えています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/12024774

この記事へのトラックバック一覧です: 「若者の科学離れを考える」:

« コンテストに参加してみる | トップページ | Excelの使い方を教えています »