« ライド・オン・Rails | トップページ | 不具合が人を成長させる »

2006/08/01

Ubuntu with "Ruby on Rails"のそれから

あれからUbuntuを何度もインストールし直しながら、手順を再確認したり、Ruby on Railsの開発環境を便利にする方法等を多少検討してきました。

そして、Sambaを導入してクライアントからファイルの更新ができるようにしてみたり、FastCGIを使ってRailsのサーバープログラムを動かさなくてもRailsアプリケーションを動かす方法を試してみました。
最終的に一つのサーバー上に複数のRailsアプリケーションを同居させ、アクセスするURLでアプリケーションを切り替える事ができるようになりました。

ちなみに自宅サーバーはUbuntuではなく、別のディストリビューションで運用しているので、同じようにRuby on Railsを動かそうとするとずいぶん必要なステップが異なり苦労しました。昨日も書いたように、未だに完璧ではないし...

Ubuntuは新しいディストリビューションだけあって、新しいもののインストールが非常に簡単でした。ほとんど"apt-get"でプログラムを入手でき、設定ファイルをいじるだけなので、これからサーバーを構築する人にはとてもお勧めです。

これまでの試行錯誤の中で成功したことだけを追記してインストール手順のページを更新しました。興味のある方は下記を参照下さい。
"Ruby on Rails" on Ubuntu 6.06 LTS 第3版

ちなみに昨日注文した"ライド・オン・Rails"が、本日到着しました。また見ながら色々試してみようと思います。

|

« ライド・オン・Rails | トップページ | 不具合が人を成長させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/11183676

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu with "Ruby on Rails"のそれから:

« ライド・オン・Rails | トップページ | 不具合が人を成長させる »