« 据え膳食うのは男の恥 | トップページ | ビジョンとは »

2006/07/08

出張帰りの電車の中で

06070819466日から出張で茨城へ行っていて、今日帰ってきました。
出張先ではインターネットにアクセスできなかったので、メールからブログまで全く確認する事ができず、いくらかご迷惑をおかけしてしまったりもしました。出先であったいくつかの出来事については今後書いていくとして、今日は帰りの電車で出会ったある女子高生について書いてみます。

常磐線の常陸多賀駅から8:53発の上野行きスーパー日立に乗りました。車内はいくらか込み合っていたので、自由席で既に乗っていた彼女の隣に座らせてもらう事になりました。たわいのない会話で始まって、いくらか受け答えしていると「きちんと教育された、立派なお子さんだなぁ」と関心してしまいました。

なんでもいわき市の高校に通っていて、週末にはダンスのレッスンのために渋谷へ行っているとのこと。
話の内容は家族構成や電車に乗っている理由などでしたが、どの話題の中にあってもきちんと相手の話を聞いて、自分の意見を差し障りの無いように回答してくるのです。逆に、自分の事を語りすぎる僕の方が反省させれてしまいました。

その時思ったのが、「ご両親は立派な人だな」ということです。もちろん話をしている彼女は知っていても、その両親には会った事はありません。ですが、子を通して親を見ているような気がしてなりませんでした。
こんな立派な女の子を育てた両親はさぞかし立派な人なのではないかと考えずにはいられませんでした。
もちろん、そういう保証はどこにもありませんが、僕も含めてそういう考え方をする人は多いのではないでしょうか。

やっぱり、子供を育てる事は親を育てる事なんだ。いままでも、今も、これからも、僕は僕の知らない人から子供を通して何かしらの評価をされているということをきちんと肝に銘じて、子供にも恥ずかしい想いをさせず、僕も恥ずかしい想いをしないよう、きちんと育てていかないといけないなと思いました。

また、韓国に興味があるらしく、韓国語の勉強もしているとのことで、僕の娘達は6歳と4歳で既に日本語と韓国語のバイリンガルだよと言ったらとてもうらやましがっていました。ただ隣に座っただけなのに、色々と奇遇な一致があるもので、なかなか面白かったです。上野で別れる時には、「一期一会」という言葉を思い出さずにはいられませんでした。

たった1時間少々の会話でしたが、とても有意義で、勉強になりました。
名前も聞かなかったのですが、ダンスの勉強頑張って下さい。また、今日は弟さんの誕生日らしいので、僕からもお祝いの言葉を贈りたいと思います。「お誕生日おめでとう」。

|

« 据え膳食うのは男の恥 | トップページ | ビジョンとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/10848924

この記事へのトラックバック一覧です: 出張帰りの電車の中で:

« 据え膳食うのは男の恥 | トップページ | ビジョンとは »