« 僕たちの知っている神様は、実はみんな同じ | トップページ | 月刊 仕事とパソコン »

2006/07/23

単位認定試験 その1

今日は、「物理の世界('03)」と「確立・統計の基礎('05)」の単位認定試験でした。

受験した感想を書くと、僕の勉強不足の一言です。

物理に関しては、職業柄それほど難しくは無いように感じましたが、曖昧に覚えているだけの部分が多いということがよくわかりました。5択10問のうち、ぎりぎり6問できているのではないかという感じです。

確立・統計に関しては、心配したほど難しい問題ではありませんでしたが、いざテストになるとうまく実力がでないまま、あれよあれよという間に時間が過ぎていって、時間切れで終了してしまいました。

4ヶ月で200頁を越えるテキストから問題が出されるのは厳しいような気がしますが、テストはそれほど難しく作られてはいませんでした。勉強しているときは「これを一体どう理解したらいいんだ!!」と、本当に頭を悩ませましたが結局は地道な勉強を続けていれば、きちんと単位を取れるようになっているようです。

やっぱり勉強に近道は無いのかな。こつこつやっていくしかないですね。
これからも、「確立・統計の基礎」はきちんと勉強しておこうと思います。理解すれば僕にとって強力な武器になりそうな予感がビンビンしてきます。

|

« 僕たちの知っている神様は、実はみんな同じ | トップページ | 月刊 仕事とパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/11078727

この記事へのトラックバック一覧です: 単位認定試験 その1:

« 僕たちの知っている神様は、実はみんな同じ | トップページ | 月刊 仕事とパソコン »