« Google Spreadsheets | トップページ | みかじめ料と税金 »

2006/06/12

知らない事は恥じゃない、知ろうとしない事を恥ずべきだ

多くの人が知らない事が多いと恥ずかしいと感じると思います。
周りにいる人が物知りで色々な事を知っていると、あまり物を知らない自分を情けないと感じるでしょう。

それと同じで、多くの人が物事をあまり知らない人を見ると頭が悪い人だと考えるようです。
ある話題があってその中に入れない人がいると、あまり物を知らない相手を情けないと感じるでしょう。

僕のまわりにもこういう人がいくらかいます。ことある毎に、「小学校で習っただろう」とか「中学で勉強しているはずだ」とか言って相手を蔑む人がいますが、その人にとって小学生の時代に習った事が当時何よりも大事だったから覚えているだけで、他の人には勉強以外に大切な事があったから覚えている事が違うだけだと僕は思います。大切なのは知っておくべきことを見つけた時に、きちんと知っておく事なのです。

だから、今、この瞬間にそれについて知らないという事はそれほど重要ではない。
問題なのは、それが必要な事だとわかってもそれを知ろうとしない事なのです。

世の中には嘘つきが多くて、自分の私利私欲のために他人や家族、さらには自分自身にまで嘘をつく人がたくさんいます。自分がおかしいなと思っても周りの人がやっているからと同じようなことをしたり、本当は間違っていると知っていても周りの人がわからないからと都合のいい事ばかりを並べ立てて誤摩化したりする世の中で、間違っていることを少しでも多く間違っていると認識するためには知識が必要です。

時代の寵児、物言う株主として勝ち組の代名詞的な存在だった人が、実はただの嘘つきだとわかった瞬間に手のひらを返して馬鹿にする行為や石油が高騰してきてそれに依存する割合が低い事を声高に言っていながら近くに断層があるとわかった途端に危険を叫ぶ行為というのは恥ずかしくないですか?
もし、初めからわかっていたらそんな恥ずかしい結果にはならなかったでしょう。

それが大切だと感じたら、本当に大切なのかきちんと知るべきなのです。
それが問題だと感じたら、本当に問題なのかきちんと知るべきなのです。

騙される人は騙す人を悪いと言い、騙す人は騙される人が悪いと言います。どちらも悪いのです。
日本人の多くは感情論や感覚論を大切にし過ぎるあまり、詳細は知らなくても主張している事が最終的に正しければ問題ないと考えている人が多くいます。2人や3人の議論ならこれでもいいかもしれませんが、世の中にはそれ以上の人がいるのだから、詳細はとても重要です。
詳細が無くては主張をぼかしてしまい相手に伝わらないばかりか、話の通じない相手だと思われてしまいます。

知らない事は悪く無く、今からでもそれを知ればそれで良い事なのです。
恥ずかしいのは知らなくてはならないことを知ろうとしない事なのです。
どうしようもないのは、知らなくてはならない事がわからない事なのです。

|

« Google Spreadsheets | トップページ | みかじめ料と税金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/10492544

この記事へのトラックバック一覧です: 知らない事は恥じゃない、知ろうとしない事を恥ずべきだ:

« Google Spreadsheets | トップページ | みかじめ料と税金 »