« NEXT WISE 6月号 | トップページ | 東京で英語の研修 1日目 »

2006/05/14

屋内LAN工事

0605140246引っ越し後に「絶対しよう」と心に決めていました。

GW中に父が遊びに来た時に二人でLANケーブルを通し、GW前に知人にお願いしていた商品をGW中に持って来てもらい、無事工事が完了していました。先日、インターネット回線が開通したので、Hubの設置、配線、サーバーの立ち上げ直しなどを行い、無事に全てのPCがきちんと動作することも確認できました。

旧住居では、3つあった部屋の全てでインターネットを可能にするためLANケーブルを引き回していたら、「掃除がしづらい」とかみさんに酷く文句を言われていて、引っ越しに当たっては「1階から2階へケーブルを垂れ下げたら切るからね!」とのお達しもあり、無線LANか屋内配線のどちらかを選ばざるを得ない状況でした。そこで、屋内配線を選ぶのが「僕らしい」と言えるところかな。

ということで、改めてモジュラージャックを見返してみると、ずいぶんすっきりしていて、自分でもやって良かったと思うし、満足もしています。

ちなみに使った機材は、松下電工の「ぐっとす5Eシリーズ」です。作業自体はとても簡単でしたが、モジュラージャックにLANケーブルを取り付けた後、キャップをする際に結構な力が必要でした。

しかし、概ね作業は簡単に終了し、全然気負うことはありませんでした。ただ、初めにCD管を通すなら細いケーブルが良いだろうと思って、細めのLANケーブルを敷設して失敗しました。「ぐっとす5Eシリーズ」はLANケーブルとの接続に圧着するのでは無く、かみ込ませるタイプなので、芯線が細いものではうまくつながりませんでした。そこで、家にあった長めのケーブルを切って引き直したりしています。

「ああ、ドアにケーブルが挟まれて変なことになってる!」とかいう悩みをお持ちの方は、同じように工事されてみてはいかがでしょうか。お勧めです。ただし、個人でやる場合はきちんと知識を持った人か、近くにそう言う人がいる事が大前提です。屋内配線の「お」の字も知らない人は、安全のためにも業者へ依頼することをお薦めします。

参考サイト
LAN工事 ドットコム

|

« NEXT WISE 6月号 | トップページ | 東京で英語の研修 1日目 »

コメント

引越しお疲れさまでした。
自分で配線工事するのは大変ですけど,ある意味贅沢な趣味(?)ですよね。マンションではDIYはかなり限定されてしまうので,その点ちょっと物足りないです。
実家では死んだ親父も私も電気工事士の有資格者でしたので,コンセントの増設など屋内配線工事しまくりで楽しかったです。

雑誌に関してですが,私も経済的,空間的リソースの関係で購読はいっさいしていません。代わりに,職場の有志の読書会というのに参加して,いくつかの雑誌を共同で定期購読しています。全員読み終わったあとは職場に寄贈することで,ゴミ問題も含めて解決しています。ということでご参考まで。

投稿: gena | 2006/05/14 20:33

genaさん、コメントありがとうございます。
鉄筋コンクリートだと、隙間が無いから木造一戸建てより多くの知識と道具が必要になってきますよね。
マンションだと屋根裏とかってのもないのでしょうか?

投稿: きむらしのぶ | 2006/05/15 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/10055205

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内LAN工事:

« NEXT WISE 6月号 | トップページ | 東京で英語の研修 1日目 »