« 与え続けた結果 | トップページ | 「達人」について »

2006/04/21

総務部

本当に総務部で働く人のモラルの無さには驚きを隠せません。

数年前、医療費がかさんだので確定申告をすることになりました。ちょうどタイミング良く会社から「確定申告したい人は用紙を送付するので連絡をして下さい。」という案内が来たので、申し込みをしました。
それからいくら待っても連絡が無いので、どうなってるのでしょうかという電話をすると「担当者が忘れてたみたいだ。」という他人事みたいな話をする人がいました。すぐに郵送するということだったけど、締め切りは2日後なのでどうやっても間に合わないという話をすると、それは当方の過失だから締め切りを過ぎても対応するという返事でした。
結局、書類が届いたのは締め切り日の金曜日。週末に内容を記載していて、いくつかわからないところがあったので、月曜日に聞いてからすぐ郵送しようと出来るところまで記載して、月曜日に担当者へ電話しました。
「すみません、ちょっと聞きたいことがあるんですけど...」と言ったところで、態度が豹変していて、「締め切りすぎてるんだから、今更質問されても困る。その手続きは自分でもできるから自分でやって下さい」とのこと...開いた口が塞がらない。
なら最初からそう言えば?言い方も、「何言ってるんだこいつ」みたいな感じで、なんなの?と思わずにはいられませんでした。

それから数年が経ち、そんなこともすっかり忘れていた矢先にまたやってくれました。
今度の引っ越しは、借り上げの社宅扱いなので総務に手続きをしてもらっています。色々な事情があるから、ちょっと早めに鍵をもらって使わない荷物を運ぼうと思っていたので、担当者に事情を説明し、手続きを多少早めに進めてもらうようお願いをしていました。担当者は「はい、わかりました。なんとかします。」という2つ返事だったので、不動産屋にも来週の月曜日には鍵を貸してもらえるようお願いをしていました。
しかし、今日になって「会社から家賃の振込がないから鍵は貸せません」との連絡が...よくよく事情を聞いてみると、1週間前に送った請求書の宛名が社名が変更になったため間違っているという連絡が今日あったそうです。僕の事情を知っている不動産屋が「早めに振り込まれないと、きむらさんが困りますよ」と言ったら、「そんな今日明日に振り込むなんて無理ですよ」との返事だったそうです。

確かに会社は不動産屋にとって客かもしれないし、僕は会社から何かをしてもらっている立場だから、「嫌ならやめれば?」と言われればどうしようもないかもしれません。

でも、そういうことなの?
客なら何をしてもいいの?

間違ったのは悪いかもしれないけど、それを1週間も置き去りにしておいて、自分に全く非は無いような言い方するなんて...人情のかけらも無い。最近は、自分が悪くなくても一言「すみません」と言い、言われた方も「いえいえ、こちらこそ申し訳ないです」という日本の受け答えを久しく聞くことがありません。

一昔前、外国の人は謝らないから、最初に「Sorry」と言った方が悪くなるということをよく言われていました。
でも、今まで僕が知り合った外国人で、悪いことをして謝らなかった人はいません。謝らなかったのは、自分が正しいと信じている時ぐらいで、それでも間違いだと気が付けば必ず謝ってきました。

一体誰が外国人なんだか。
日本人って、もういないんですか?

上の担当者が同一人物なら、この人が変わってるのかな?とも思うのですが、別人だから始末が悪い。これだけを見て、この人は悪だと言うわけにはいかないというのはよくわかりますが、何故だかとても恐ろしい不安を覚えます。人が困るような状況を作り出すことについて全く思いを巡らせることの無い人が、労働者のサポートをしているという状況はどうなのでしょう。
「総務の人間に期待する方が悪い」ということを言う人もいますが、それもまた悲しいですよね。

追記。
...とちょっと経ってから読み直してみると、何が何だか全然わからない文章ですねぇ。やっぱり気分が高揚している時に書き物をするものではないということでしょうか。

|

« 与え続けた結果 | トップページ | 「達人」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/9693461

この記事へのトラックバック一覧です: 総務部:

« 与え続けた結果 | トップページ | 「達人」について »