« 心遣いの一言 | トップページ | 安酒にやられた »

2006/04/06

人の意見に耳を傾けなかった結果

以前の記事に書いた心配事が現実になりました。

今まで間違った意見を言おうと、正しい意見を言おうと、必ず反論し、反論しない時はそれに付随する誰も想像もしないようような部位についての話を始めて、答える事ができない発言者を嘲ってきた結果、誰もあなたに意見を言わなくなりました。

絶対服従の部下が欲しかったあなたにとって、これは「成功」なはずですよね?
だから、やる予定もない仕事について一生懸命語るあなたに、誰も「そんな予定ないですよ」という一言を言わない状況に不満を言うことはないじゃないですか。

今、あなたが心配しているのは、「人が間違った事を言っても修正しない作業員ばかり」という事のように聞こえますが、安心して下さい。あなた以外の人が意見を言っている時は、全員で考え、議論しながら仕事を進めていますから。

一年前に想像した事がこんなに的中するなんて、自分でも驚いています。
こんな状況になってから、これを修正するのはなかなか難しいですよ。しかも、今もってあなたは周囲の人だけが悪いと考えているようですから。

ただ別の見方をすると、作業員達の結束は前より固くなってきて、以前より仕事の質が向上しているような気がします。

「頭がいい」というのはどういうことなのかなと、本当に考えさせられます。知人のブログで、「0と無限」について議論をさせて頂いたことがあるのですが(今回の話題とは直接の関係はないです)、知識や能力のベクトルの向きは無限にあるから、「頭がいい」というのもまた、無限に種類があるのでしょう。だからこそ、自分の能力を過信せず、人の意見を聞きながら自分を補完していかなければならないのだと思います。また、話を聞いてくれる人には、自然と意見も集まるような気がします。

能力が限りなく0に近い部分について、それを増やすためには足し算が一番効率的なのだから、人の意見に耳を傾けず、人から意見をもらえない状況を作ると言うのはやっぱり失敗だと思わざるをえません。

|

« 心遣いの一言 | トップページ | 安酒にやられた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/9454806

この記事へのトラックバック一覧です: 人の意見に耳を傾けなかった結果:

« 心遣いの一言 | トップページ | 安酒にやられた »