« 部屋の掃除 | トップページ | スーダン・ダルフール危機 »

2006/03/30

このブログの意義

最近、ちょっと疲れ気味。その披露の原因は全部僕、自分自身。
今までやってきたこと、できなかったこと、これからやろうとしていること。

「明日のために今日できる事」を考えながらやってきたけど、こうしてブログという他人が読める形で自分をさらけ出した時、実は自分の否定してきたものは自分自身であって、自分に一番欠けていることを偉そうに吹聴していた自分に気付かされています。「馬鹿なんじゃないか」とか「頭がおかしい」とかいう言葉を使って、小さなことに腹を立て、その話を聞いてくれる人がいると調子に乗って講釈をたれる。その講釈を話すうちに、よくよく考えてみるとそれは自分自身を非難しているのと同じになってて、でも話し出すと止まらないから、いつまでも恥の上塗りを続けてる。

そして、自分のやってきた事がいつか自分に跳ね返ってくるのだと思うと、怖じ気づいてしまいます。また、自分に返ってくるだけならまだしも、かみさんや子供にまで苦労をかけるような事になるのではないかと不安になってしまいます。

前から思っているのですが、もしいつかどこかで自分と瓜二つの人と出会ったら僕はその人とは仲良くなれないでしょう。僕と仲良くしてくれている人達は、本当に驚嘆に値するほど心の広い人だと思います。

ものの本に「人を裁いてはいけない」とあります。それは自分が裁かれないためにです。これは、自分の失敗を人から非難されなくないから、自分も人の失敗に文句を言わないというのではないようです。人を裁く時、それは自分自信を裁く事になるということなのではないかなと思うようになりました。
そしてこの本にはまた、「人を裁く前に自分自身を裁きなさい」という一節もあり、これにも納得してしまいます。
自分自身を裁けないようならば、人を裁く資格がないのだと痛感しています。

一般の人達には当たり前のことなのかもしれません。みんなそうして生活しているのかもしれません。ですが、人一倍自尊心の高い僕には、なかなかこのことに気付けませんでした。
とは言え、気付けばその瞬間に実践できるという気がしません。
これからももっと自分を裁いていかないといけない気がします。
ということで、このブログは書き続ける事自体が僕にとっての「明日のために今日できる事。」ではないかと、感じています。

また、もし他の誰か一人でも僕と同じような事を考えていたり、このブログを見て考えるようになったりするようなことがあれば、いいなとも思います。

|

« 部屋の掃除 | トップページ | スーダン・ダルフール危機 »

コメント

このブログを見る訳・・・恐らく、過去の自分に戻る努力が出来るから。過去の私は心も人間性も今よりは、かなり良かったと自分自身思っています。いつの間にか、悪いことをしても平気になってしまったり、面倒なことはさけて通ってしまったり自己啓発に欠けています。このブログを読むと心が痛んだりしながら過去の自分の考え・生き方を思い出させてくれます。題名を付けるなら「過去の自分に戻るために今日できること」??
と言うわけで今後もブログ続けてくださいね。

投稿: tmmt | 2006/03/31 10:45

tmmtさん、コメントありがとうございます。
初めはテーマに合うような文章を考えながら書いていましたが、今では素直に自分の反省や感じた事を書いているだけで、明日のためになっているような気がしています。
そんな個人的な感想文にいつもコメントを頂きありがとうございます。

これからも何か思うところがあれば、気軽にコメントを下さい。

投稿: きむらしのぶ | 2006/04/01 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/9326042

この記事へのトラックバック一覧です: このブログの意義:

« 部屋の掃除 | トップページ | スーダン・ダルフール危機 »