« Mac OS XのX11でバックスラッシュを入力する | トップページ | 他の日韓夫婦はどうでしょう? »

2006/03/18

学ぶ事を学ぶ

「学校は、教わるつもりなら時間の無駄、学ぶつもりなら何かの役には立つ」という言葉をどこかで聞いた事があります。

学校の先生の中には、両親も先生、祖父母も先生、自分も大学を卒業してから先生として就職したという人がいます。こんな人達に学校の先生以外の仕事をする子供達に何が教えられるでしょう。何も教える事はできません。それでも僕たちは学校に行く必要があるのでしょうか。
僕は行く必要があると思います。それは僕たちが学ぶ事を学ばなくてはならないからです。

学校とは、世の中と隔離された部分しか知らない不完全な大人である先生という人が、色々なことを考えてきた人間の歴史の中から知識のレベルに合わせた情報を体系的に提供してくれる場所です。こんな無作為な教育という行為から自分に必要なものを選択し、学校から提供される不完全な情報をもとに自分で必要な事を学ぶという能力を身につける場所が学校だと思っています。

僕は子供の頃、「なんでも先生の言う通りにしなさい(*1)」などという馬鹿げたことを親から聞いた事もないし、「先生が言う事がいつも正しい」などと思った事も無いです。ところが世の中を見てみると、子供が学校の先生の言う事を鵜呑みにする事を奨励するような親が多いようで、世の中の役に立たない子供が増えている。そんな風に先生を見てきた人が先生になると、とんでもないことになったりします。ある大学の博士課程の学生が「研究室では教授が神様だ」と言っていました。その人は博士課程を終え、どこかの大学の助教授になりましたが、将来は神様になれるとでも考えているのでしょうか。

主体性のかけらも無く、言われた通りの手順で答えを導く事がすばらしいことだと信じ、教わらない事はわからないからしなくて良いと平気で言う人がいます。こんな人間が社会に出ると、本質よりも提供された情報に従うことに必死になるだけです。物事の本質を見る事ができないので、その情報が歪められて提供されているか否かに思いを巡らせる事も無いようで、どうでもいいような事がその人の人生で最も重要だというような思いを抱いて生きているみたい。もしくは、歪められた情報の矛盾の中で自分の意味や価値を見つける事ができないまま、引きこもりになってしまう。

僕たちは自分で学ぶ事を学ばないと意味が無い。学ぶ事を知らない人には、夢を見つける事もその夢を追い続ける事もできないのだと思います。

注 *1 「言う事を聞きなさい」となっていたのを修正。2006/3/19

|

« Mac OS XのX11でバックスラッシュを入力する | トップページ | 他の日韓夫婦はどうでしょう? »

コメント

4月から子供が小学校へ入学します。「先生の言う事を聞きなさい」と私は教えます。「先生が言う事がいつも正しい」訳では無いのですが、まずはそう教えます。先生の言うことが理解できなかったり違うと思えば質問はしますが、学校へ行く以上(せめて義務教育に関しては・・・)先生を尊敬する姿勢で子供が居て欲しいものです。私が先生を尊敬できるかは疑問ですが。基本を学ぶにあたって、先生を馬鹿にしていたのでは知識・学力は向上しないでしょうし・・・学校へ行く以上は規則を守り学問は勿論、人として何かを学んで欲しいと思ってます。学校(義務教育)で基本を学ぶことさえも出来ない子供達が増えていて言われた事さえも理解できず、何をしたら良いのかさえも分からない子供達がいます。基本が出来ている子供が社会に出て応用として?ぶつかるのが「主体性のかけらも無く、言われた通りの手順で答えを導く事がすばらしいことだと信じ、教わらない事はわからないからしなくて良いと平気で言う」「本質よりも提供された情報に従うことに必死になる」「物事の本質を見る事ができない」気がします。低レベルな話かも知れませんが、せめて基本だけでも出来る人になって欲しいと思います。まずは学校という社会に子供が通い、校長(社長)先生(上司)友人(同僚)の係わり合いを学んで、自分自身を築きあげて行って欲しいと願ってます。

投稿: tmmt | 2006/03/19 00:05

僕が小学生の親だったら、0ってなんですか?って担任の先生に聞いて来いって言いますね。

もちろん、こ完璧に答えられる先生はこの世界にいないと思いますが、回答の内容によってその先生の本質への理解度を知ることがある程度できます。

人生は0と無限を知ることなんじゃないかなと最近思うようになりました。

投稿: K2nd | 2006/03/19 01:23

tmmtさん、コメントありがとうございます。
今回の記事はちょっと極論過ぎたかなと反省してます。ですが、僕は学生時代にあまり良い先生に巡り会わなかったためなのかも知れませんが、彼らを尊敬することはできませんでした。中には人間的に見ても軽蔑に値する人が何人かいました。
僕が子供に言うなら「先生の言うことをよく考えなさい」ですね。学校に行くと絶対的な権力を持って立ちはだかるこの先生という存在に服従してしまうのは危険な気がします。最近、先生の犯罪も増えていますので、きちんと信頼できる先生と信頼できない先生を親と一緒に子供も判断する必要があるように感じます。
「教育」しようなどと考えず、「学習」の手伝いをするという意識でいる先生がいればいいなと思っています。

K2ndさん、コメントありがとうございます。
なかなか面白い質問ですね。最近子供に引き算を教えていて、「0」について教えた時、とりあえず「1つも無い事」と言ったことを思い出し、この回答から読み取れる本質の理解度はどれくらいなのかな?と考えてしまいました。

投稿: きむらしのぶ | 2006/03/19 07:57

難しい問題を議論されていますね。
私は先生の言うことを妄信してきたタイプで,今ではすっかりマニュアル人間です。
先生の言う事がすべて正しいとは限らないし,人間的におかしな教師が居る事も事実だと思います。が,「先生の言う事は鵜呑みにせず自分でもよく考える」ということと,「目上(歳上)の者を尊敬・尊重する」ということはうまくバランスを取る必要があるように思います。
「あの先生の言う事は信用できないから」と,タメ口をきいたり(これは普通かな),指示を全く無視するようなことでは他のお子さんの迷惑にもなりかねませんし,将来の社会生活に支障をきたすような気がします。

多くのご家庭ではそのバランスを教えるのが大変なので「先生の言う事を鵜呑みにする事を奨励」しているのでしょう。

世の中の教師がすべて立派なら何の問題もないのでしょうが,難しいですよね。

投稿: gena | 2006/03/19 11:05

「教育」しようなどと考えず、「学習」の手伝いをするという意識でいる先生・・・・なるほど!見極める努力を親としてしていきます。

投稿: tmmt | 2006/03/19 22:27

genaさん、コメントありがとうございます。
>「あの先生の言う事は信用できないから」と,タメ口をきいたり(これは普通かな),指示を全く無視するようなことでは他のお子さんの迷惑にもなりかねませんし,将来の社会生活に支障をきたすような気がします。

その節は大変ご迷惑をおかけしました。確かに僕は授業妨害を度々繰り返していたような気がしますし、今更ですが反省もしています。人には多面性があり、授業のしかただけで教壇に立つ人を判断するというような考え方をしていたことは悪かったと思っています。
目上の人を尊重すると言うことはきちんと身につけてもらいたいと願っています。

tmmtさん。
子供を持つ親として、お互い頑張りましょう。

投稿: きむらしのぶ | 2006/03/20 07:07

>その節は〜
あう。きむらさんのことを想定して書いたわけではなかったのです。ご気分を害されてしまったら申し訳ありませんでした。
目上の人を尊重と一口に言っても,学校の先生だと我々より歳下の場合もあるでしょうし,実際(我々から見て)尊敬に値しないような教師を,子供には「尊敬しなさい」と教えるのはなんだか変という気がしますよね。
いずれにしろ大切なのは「話をよく聞く」ということでしょうか。

投稿: gena | 2006/03/20 18:50

genaさん>
気分は害してないですよ。ちょっと僕も反省するところがあって、素直な気持ちで悪かったなぁと思っているところです。なんだか僕のオンステージになってた授業もあったような気もしたりしてて...僕はできなかったけど、やっぱり「話をよく聞き、自分で考える」というのを大切にしてもらいたいですね。

投稿: きむらしのぶ | 2006/03/20 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/9144724

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶ事を学ぶ:

» ゼロと無限 [iXUS (イクサス)]
ゼロと無限の科学 近所の今井書店にふらりと寄った時に、平積みされた本の表紙から必然の電波をキャッチして『ゼロと無限の科学』を買って読む。 もちろんこの本には結論は書かれていないけど、これまでのゼロと無限の歴史がわかりやすく....... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 02:19

« Mac OS XのX11でバックスラッシュを入力する | トップページ | 他の日韓夫婦はどうでしょう? »