« アローダイアグラムforOOo | トップページ | Skypeを始めてみました »

2006/02/21

今の自分の状況をネガティブで悲観的に見る

ここ最近、色々考える事があって思いを巡らせています。その中で、数年前から自分と会社の関係を改めて見つめ直してみると、なんかとってもひどい状況だなぁとつくづく考えさせられました。

遡る事10数年、入社したての僕は学生時代に取得した資格とそれを取得するために得た知識を持って、夢と希望を持って業務に望んでいました。ところが、その資格は募集要項にあったり、会社で取得を推奨しているにも関わらず、僕の先輩達はほとんど取得しておらず、仕事の会話に大きなギャップを感じずにはいられませんでした。そんな中、僕の納得いかないことにはとことん問い詰める性格から、先輩達に技術的な質問を繰り返してしまい、偉そうな奴とか生意気な奴というレッテルを貼られ、数歳しか違わない先輩達から執拗な嫌がらせを受けたりもしました。

その後、企業内の高卒を教育する学校のような施設への入学に関する案内が来ました。これは全員が対象なので、僕も漏れることなく受験はできるはずだったのですが、上司からは「お前のような馬鹿は、受験するより仕事を覚える事が先だ」と罵られ、同期の人間が勉強を理由に定時であがるのを横目に残業をする毎日でした。
ところが、いざ試験を受けてみると驚くような結果となり、晴れて入学する運びになったのです。

しかし、入学してからも嫌がらせは続きます。とにかくチャレンジが好きな僕は、在学中にできる限りの経験をしておこうと思い、委員活動やクラブなどに参加しますが、これが気に入らないらしく「せっかく好成績で入学できたのに、余計な事ばかりして勉強をしていない」という理由から、僕の会社が主催する懇親会で叱責されます。
その学校は、成績上位数人が大学へ客員研究員として1年間在籍するというおまけがあり、そこへ行けるような人材を持っているというのは、会社の教育担当者にとってとても優位なことだそうですが、その可能性を持ちながら勉強以外のことをする僕が許せなかったようです。
ところが、いざ成績を見てみると、僕は翌年に大学で1年間研究をすることとなりました。

しかし、ここでも嫌がらせは続きます。研究に必要な機材を用意すると言う話だったのにも関わらず10月まで部品を調達してもらえませんでした。何度もフォローアップはしたのですが、いつも「今動いているから」という回答ばかりで先に進む事はありません。そんな事情から僕もちょっと羽目を外してしまい、結局1年を無駄にしてしまいました。

そして、会社に戻ると新人扱いです。4月に入社した新人と一緒に新人として紹介され、後輩達に「あれを持ってこい」とか「これをやっておくように」と指示を受ける日々が続きます。また、入学前に嫌がらせを繰り返していた人は、「俺の協力があったから、今日のお前がいるのだ」と言っています。

それから何年も会社の歯車の一部として、ただ言われる事を実行するロボットに徹する事を強要され、意見を言えば反抗的と非難され、アイディアで仕事を効率化しようとすれば範囲外の業務をしていると叱責され続けてきました。

昇格のために必要なレポートの提出があるのですが、他の人達が専属の指導員を付けられて数ヶ月前から作成するようなものなのに、僕がその提出の指示を受けたのは締め切りの前日でした。そしてその連絡の電話は「お前のために締め切りを延ばすようお願いしておいた。来週の月曜日まででいいから、作成するように。」ということでした。もちろん、電話を受けたのは金曜日です。
そのレポートの内容を基に発表をしなくてはならないのですが、レポートの内容に対するコメントとして「なんだこれは。数日で書き上げたような、内容の全くないものじゃないか」と平気で罵ってきます。

そんなある日、出張先で知り合った設計担当者と意気投合し、僕の協力が必要な部署があるから僕を紹介してくれると言うのです。出張先から休日を使って親会社の門を叩き、その部署に自分のできることとその部署に必要と思われることを熱くプレゼンしてきました。反応はすこぶる良く、「アドバイザーとして迎え入れたい」という言葉を頂き、意気揚々として出張先へ戻ったものです。その人達は数日中に、僕の会社へ派遣の依頼をするということでした。
出張先に戻ってから、休日にあったこととこれから連絡が来る事などを上司に伝え、是非にとお願いをしておいたのですが、無視されました。先方は何度か問い合わせをしてくれていたようですが、いつも「時間がない」とかいう理由で取り合わなかったようです。どうしてアクションを起こしてくれなかったのかと問うと、「人の移動が簡単に決定できるわけが無い。数年単位で計画されるような業務である事を理解してからものを言え。」との回答でした。そう言われてはどうしようもないので、僕の異動の計画を聞くと数年は無いということだった。ちょうど、妻が妊娠していたので、出産後半年は出向が無いということを約束してもらいました。

また、業務に必要な資格をいくつか取得して会社に報告した時も、「そんなことする時間があったら仕事しろ」と叱責されるだけです。しかし、その資格は会社で取得を薦めている資格で、部でも期に数名の合格者を出す事を目標と掲げているのです。後でわかったことですが、この上司は他にもいくつか取得した資格についての連絡を全て隠蔽していたようです。中には、その資格を保有する従業員が多いと会社が入札する際有利に働くようなものもあるのですが、送付した合格書のコピーを紛失したと言い訳していました。
その他、会社で回覧されている資料は取捨選択し、僕にとって有益なものは留め置いていて知らされる事はありませんでした。

そして、あのプレゼンから2ヶ月後、いきなり会社から電話がかかってきます。内容は「1ヶ月後に出向」ということでした。妻は1ヶ月間ほど韓国へ里帰り中であり、物理的に無理だと説明するも、「迎えに行けばいい」の一言。だからと言って航空運賃を出してくれるわけでもなく、急遽韓国へ行き連れて帰りました。
ところが次に来た連絡は、予定が1週間早まったから週末には移動するようにとのこと。子連れで身重の外国人の妻を置いて、数百kmも離れた出向先へ一人で行き、1週間後に引っ越しを完了させろというのです。
さすがに耳を疑いました。
そして、友人達の協力を得てなんとか引っ越しは完了したのですが、馴れない土地で慌ただしく、妻は出産前に2度ほど入院しました。

出向前に「報告書を提出するように。提出しないようなら仕事をしているとは見なさない。」と念を押されていたのに、まともに報告書の回答が返ってきたのは1年だけ。「メールで送信する際、CCで回覧先全員に送っているのは失礼だ」と言われ、Toの人だけに送るようにしたら1年半音沙汰無しでした。回答が無い旨を問うと、「そんなものは受け取っていない」とのことでした。騙されたと思い、また全員にCCで送るようにしたら、別の人から「報告内容が脈絡無くて何の事だかわからない。回答が欲しければ、回答されるような内容の報告書を送ってこい」との言われました。それはそうですよね、1年半も継続して送っていたのに隠蔽されていたのだから、他の人はわかるはずがありません。そこで、回覧してない人がいたためだと指摘すると、「讒言を言うような奴の言う事は聞かない」とのことでした。

もう出向先にも何年もいるので、ちょっと変わった事、大きな事に着手してキャリアを上げたいと考えて他部門に声をかけ、ちょっと大きな仕事に参加できるようになったところで、「今年度で出向を終わるから、あまり手を広げないように」と連絡がありました。それなら仕方が無いと、下手な言い訳をして手を引き、日々を送っていました。

そして、2月。そろそろ年度末だけど、何の話も来ない。
「どうなったのかな」と思い別件の連絡に合わせて問い合わせてみると、「出向は相手の都合があるから、自分の会社の一存で人を動かす事はできない」ということでした。

やられました。全て、人を信じる僕が悪いのです。色々勉強させてもらったり、こうして毎日を送らせてもらっていることに感謝し、せめて何か役に立てる事はないかと思い今まで我慢してきましたが、自分の阿呆さ加減に呆れてしまいました。

ということで、ちょっとノイローゼ気味。

普段なら別に自分の境遇を嘆く事はあまりありません。強気になって来るなら来いと、返り討ちにしてくれるのですが、やっぱり気分が沈んでいる時はだめですね。日本海側の憂鬱な天気も重なって、思考の螺旋からなかなか抜け出せない。

また4月から新しい事に着手します。先のわからない不安に怯え続けていても仕方が無いので、無理やり自分を忙しくするのが僕の解決法です。今までも、逆境に逆らいながら実力を付け、会社以外で自分の場所を確保してきたのだから、これからも同じ事を続けるだけです。

上記の経歴はなるべく正確に記述するよう心がけましたが、主観的な部分があることは否めません。隠蔽という言葉を使いましたが、これは本当にただの過ちだったかもしれません。しかし、同じ事が毎年重なって起こるということは、相手に故意が無くても故意として受け取ってもしかたないですよね。

060221-1920これはまた長くなりましたね。
今日は僕の誕生日なので、何かの節目として書いてみました。人に言わせれば不幸だとか、僕の被害妄想だとか、世の中もっと酷い人もいるとかいう意見もあるでしょう。公開すべき内容ではないかもしれないですが、数年後にこの文章を読み返す時、晴れ晴れとした気持ちでいたいと考え、書いてみました。
もし、意見があればどんどん聞いてみたいです。

|

« アローダイアグラムforOOo | トップページ | Skypeを始めてみました »

コメント

まずは,お誕生日おめでとうございます。

会社との関係については断片的にはお聞きしたこともありますが,このようにまとめると壮絶ですね。
個人的な感想になってしまいますが,出向元の上司/組織は自分の意に添わない社員には出て行ってもらいたい(辞めてもらいたい)のでしょうね。そうやって居心地のいい(進歩のない)環境を整えてきたのでしょう。

きむらさんのスキルとバイタリティなら,今の会社を辞めても活躍できるのは間違いないと思いますが,辞めてしまったら上司は「やっぱりあいつには我々のような高尚な業務は勤まらなかったのだ」と考えそうですね。

>文章を読み返す時、晴れ晴れとした気持ちでいたい

それが実現する事を心よりお祈りしています。協力できることが無くて心苦しいのですが,ご自身とご家族の体をいたわりつつ,新しいことにチャレンジしてください。

投稿: gena | 2006/02/21 20:14

genaさん、コメントありがとうございます。
いつもいつも一方的に話をしてばかりなのに、きちんと話を聞いて意見を言ってもらえる事にとても感謝しています。
ちょっと冷静になると、自分自身でこういう状況を作り出すのが上手(?)というのもあると思っていて、周囲の反感を買いやすいような言動をしているという気もします。しかし、それに対する仕打ちはとても大人のすることとは思えず、納得はできません。
とにかく、限りある人生なのだから少しでも悔いが残らないような過ごし方をしたいですし、そうなるよう頑張りたいと思います。

投稿: きむらしのぶ | 2006/02/21 22:46

お誕生日おめでとう!敵(会社)が居ても誕生日をお祝いしてくれる味方(家族)が居てくれるから頑張れるんですよね。
 訳のわからない感想になりますが、世渡りが下手と言うか不器用と言うか・・・ただそれが、木村君の良いところで人間らしい部分だと感じてます。古臭い例えですが、接待ゴルフで暗黙の了解で負けなければならない所を勝負は勝負だ・・・と言って勝ってしまった人に似ている気もします。その人は上司に、何の為の接待ゴルフで何の為に君をさそったのかを何故考える事ができないのだと言われてました。自分が正しいと思って努力をすることは必ず自分の為になっています。ただ、それが組織の為になっているのかと言うのとは違うのでしょうね。会社の為に・・・誰かの為に・・・と一生懸命尽くす分、反応に手ごたえがないと自分自身を責めてしまったり相手を批判したりしてしまうものです。すべてが自分の為に起こしている行動であり自己啓発である。それが会社の戦力に繋がれば幸いだ・・・ぐらいの
気持ちでないと、その組織で働くのはキツイみたいですよね。大規模な組織の上司はやはり、常識以上の非常識??を考えないと経営は今の世の中やっていけず、その常識以上の非常識??は部下には理解する事も、させてもらう事さえも出来ない気がします。それでも諦めずもがき続けている社員が居ることに上司は気が付かないふりをして、どんどん非常識な会社に発展している。それでも組織の一員として部下は従っていなければ、ならない者だと思います。賃金を貰っている訳ですし、経営者ではないのですから。それに、納得できず従いたくなければ独立するだけの行動力・知識・お金・・・など備え、独立するしかないと考えます。何が伝えたいのか訳の分からな長~いコメントですが、頑張り過ぎないでもいいのに・・・といつも感じてます。とは言っても追い詰められれば追い詰められる程、頑張る人だと言うのも分かりましたが!!

投稿: tmmt | 2006/02/21 23:57

tmmtさん、コメントありがとうございます。
確かに、「嫌ならやめればいい」という意見はごもっともですよね。
それをしないのだから、やっぱり従うべきなのでしょう。

学生時代に「ルールは僕の後ろについてくる」的な性格をしていて、実際にいろいろなルールを塗り替えてきた経験から、僕が正しいと信じる道へ会社を導きたいというような気持ちもあります。ただ、学生と違って、今のルールに従っている人達にもそれぞれの生活があり、その人達に迷惑をかけるわけにもいかないので、やっぱり甘くないなと実感しています。

今のような宙に浮いた状況を利用して、趣味と仕事を両立していけば、きっと活路を見出す事ができると思うので、これからも信念を貫いていきたいです...って、この文章からしても、自分自身で自分は扱いにくい人間だなと思いますね。

投稿: きむらしのぶ | 2006/02/22 09:52

一言でいえば、会社の経営者(トップ)の器の大きさと、木村君が望む夢やビジョンや志の大きさが逆転してしまっているんだと思いますよ。

同じような境遇の力のある人を今まで沢山みてきました。同じ組織手内で続ける場合の改善策としては、この本をお勧めします。
http://www.ixus.jp/archives/50468243.html

投稿: K2nd | 2006/02/25 11:50

K2ndさん、コメントありがとうございます。
アドバイスありがとうございます。ご推薦の本を早速探して読んでみます。

このブログのコメント以外でもいくつかご意見を頂いていますが、書き方が主観的すぎるのではないかというのがいくつかありました。とりあえず、普段はそれほど悪く考えてはいないのですが、タイトルにあるように「ネガティブで悲観的に見る」という趣旨で書いているので、ちょっと表現にくどいような印象を与えてしまったかもしれません。
腹を割って会社の人間と話をしてみるような機会があればいいなと思うのですが、最近の会社側の人達は面と向かうと納得したような顔で話を聞くのに、その後に全くアクションを起こさない。やっぱり僕の話し方が悪いのかなとも思ったりしますね。

投稿: きむらしのぶ | 2006/02/26 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/8768957

この記事へのトラックバック一覧です: 今の自分の状況をネガティブで悲観的に見る:

« アローダイアグラムforOOo | トップページ | Skypeを始めてみました »