« NT系Windowsの管理者パスワードをクラック | トップページ | 税金についての勉強 »

2006/02/08

複数の大手企業で採用

Vectorにて公開されているガントチャートforExcelが、とても良い感じで利用されているように感じます。
いくつかお問い合わせをいただく中で、有名なソフト・電機メーカ、建設業者の社内ツールとして採用して頂いているというお話を聞くようになりました。

Vectorでのダウンロード数も1日平均で80回以上あり、去年1年間で30,000回のダウンロードが記録されるようになりました。バージョンアップを繰り返しているので重複ダウンロードもあることと思いますが、それでも僕が想像していたより多くの人に利用して頂けているようで嬉しく思います。

そろそろ工程表描画マクロのデファクトスタンダードになったかな?

このマクロは雑誌に投稿するために作ったのが始まりでしたが、自分の職場でもすぐに使えるようフォーマットを整えて同僚や上司に勧めたことがありました。結果は不採用。そこで、隣の職場に紹介すると、即採用。
そして、インターネット上に公開する事で色々な企業が採用をしています。こんな経緯から、何か複雑な思いがあります。
じゃあ、僕の職場は工程表を作らない職場なのかな。それは否です。今でもマウスを使って、微調整しながら工程表を何時間もかけて作っているのです。僕の作ったツールを使わないから拗ねていると思われるかもしれませんが、この事象を検討する事で僕の会社の問題点を少しでも明らかにして、解決しなくてはならないという認識を他の社員に持ってもらいたいと切実に願っています。

ついでにガントチャートforOOoについてもダウンロードの集計をしてみると、国内が2ヶ月で350回、海外が1ヶ月足らずで450回あります。ガントチャートforExcelがVector公開直後から20回/日のダウンロード件数があったのに比べるといずれも微々たるものですが、OpenOffice.orgの普及率を考えるとそれほど悪くないのではないかと思っています。

|

« NT系Windowsの管理者パスワードをクラック | トップページ | 税金についての勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/8560147

この記事へのトラックバック一覧です: 複数の大手企業で採用:

« NT系Windowsの管理者パスワードをクラック | トップページ | 税金についての勉強 »