« 税金についての勉強 | トップページ | 天空の城 ラピュタ »

2006/02/10

IQって頭の善し悪しを測るものなの?

最近と言わず、僕が小さいときからIQが150以上だとかなんだって言っては頭がいい人の代名詞のように使われているIQですが、これって本当に頭がいいとか悪いとかを測るものなの?

Yahoo!辞書の大辞林でIQ=知能指数を調べると、
"〔intelligence quotient〕知能の尺度の一。知能検査で測定した精神年齢を暦年齢で割って一〇〇を掛けた数で表す。平均値を一〇〇とし、九〇〜一一〇は普通、それ以上は知的発達の進んでいること、それ以下は遅れていることを示す。IQ 。"
って書いてあるのですが、このことからも精神年齢が高い事=頭がいいということに結びつくとはとても思えない。

ついでに知能検査も調べてみると
"個人の知能を測定する検査。初めフランスの心理学者A=ビネーにより考案され、のち各国での応用・改訂を経て広く普及した。検査の結果は、精神年齢・知能指数・知能偏差値などによって表される。メンタルテスト。"
と書いてあります。

つまり、15歳でIQが100の子供と10歳でIQが150の子供は同じ知能を持っているというだけ。
ちなみに大げさなケースを考えると、25歳でIQが200だとしたら50歳でIQが100の人と同じということだろうか。50歳でIQが200なら...20歳以降、脳細胞がどんどん死滅していく人間の知能をいったいどうやって測るんだろう?

テストの内容を見ても、訓練で上がったり下がったりするような感じがするから、技能者の能力を測る指針の一つなのでしょう。それから、子供が受けるのには良いかもしれないけど、大人が気にするような数値ではない気がする。

人には得手不得手があって、知識の分野にも偏りがあります。
僕が出来ない事を簡単にこなす人がいて、人が出来ない事でも僕は朝飯前にできてしまう事もあります。人の脳は経験を蓄積する事に長けていて、色々な経験から知恵を習得することができるのに、それを無視して数値化された結果にどれほどの意味があるのかわからない。

頭がいいか悪いかの判断基準と全く無関係とは言わないけど、それほど重要視すべき数値だとは言えません。
IQに代表されるような何かの指針を見つけると、それを崇めるようにただ従っている世の中がとても歪んでいるような気がしてなりません。そんな事をしているから、能力の無い人が指導者のような立場になれたり、本当に有能な人が無能者の下で理不尽な扱いを受けたりするのです。

こんな時代を煽るようなメディア達は、僕たちの子供にいったいどんな未来を残したいのだろうか。

|

« 税金についての勉強 | トップページ | 天空の城 ラピュタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/8612230

この記事へのトラックバック一覧です: IQって頭の善し悪しを測るものなの?:

« 税金についての勉強 | トップページ | 天空の城 ラピュタ »