« ハンドメイド一家 | トップページ | NEXT WISE »

2006/02/28

AmityにWindows2000

060228-0218MITSUBISHIが昔作っていた非常に小さいAmityというノートパソコンがあります。
昨年、これにVineLinuxを入れて持ち運びのできるポータブルサーバーとして利用しようと試みたのですが、結局使い道が見つからずにお蔵入りしていました。

ですが、小さいPC好きの僕としては、これを眠らせたままにしておくのはとても勿体無い気持ちになるので、また何かできないかと考えていました。そこで、最近使ってなかったSCSIの機器を探してみると、CBSC2とSCSI接続のCD-ROMドライブが見つかったので、これを使ってWindows2000を入れてみる事にしました。

初めは、Linuxのパーティションを小さくしてから、インストールCDのi386フォルダをコピーして...という手順を考えていたのですが、起動用FDDを作成すれば簡単にインストールできることが判明(ドライバーを入手しようと思って、メーカーのHPに行ったらやり方が書いてあっただけ...最初から調べなさいということでしょうか)。
そこに書いてある通りにやったら無事インストールに成功。
不要だからと、何度も捨てようと思ったけど、やっぱりSCSI関係の物も捨ててなくて良かった。

...でも、Windows2000入れた後はどうするの?2時間近くかけてインストールしたのに...ただ時間の無駄になっただけか。やっぱり捨てておくべきだったかもしれない。

|

« ハンドメイド一家 | トップページ | NEXT WISE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/8871615

この記事へのトラックバック一覧です: AmityにWindows2000:

« ハンドメイド一家 | トップページ | NEXT WISE »