« 娘の誕生日 | トップページ | Google Maps API »

2005/12/02

鼻水吸引機

051202-0758僕の経験では、子供がティッシュペーパーを鼻に当てた状態で鼻から息を吐き出せるようになるのが、1歳半から2歳。そして、鼻の中にある鼻水を十分に吹き出せるだけの力がつくのは、2歳半から3歳くらいです。

そこで、困るのは1歳半以前の幼児の鼻水をどうやって取るか。
ティッシュペーパーで「こより」を作って鼻に突っ込む?
口を子供の鼻につけて吸い込む?
正解は、「鼻水吸引機(写真参照)を使う」です。

別にそれほど特別な物ではないけど、あるととっても便利。
本体に鼻水リザーバーが付いていて、吸引部を幼児の鼻にちょこっと付けてから、チューブの先から息を吸い込んであげると鼻から鼻水を吸い出してくれます。

長女が赤ちゃんの時は、多少構造に不備があって、チューブを伝って鼻水が口に飛び込んでくるというアクシデントがありましたが、最近購入した物は改良型で、このようなトラブルがほぼ皆無となっています。ただし、大量の鼻水が溜まっている時にはどうしようもないですが、これは利用者側が注意して使えば問題ない範囲だと思います。

子供が風邪を引いた時にこれを使うと、大量に溜まる鼻水にちょっと驚くと共にありがたみを実感できます。
今、末っ子が風邪を引いて大活躍中です。

商品名は忘れましたが、子供用品を売っているお店ならどこにでもありますし、ドラッグストアでも見つける事ができます。もし、幼児の鼻水にお困りの方がおられましたら、ご購入をお勧めします。

|

« 娘の誕生日 | トップページ | Google Maps API »

コメント

へぇー、そういうものがあるのですか。
知りませんでた。もう子どもが大きくなってきた我が家では、もう遅いですかね?

投稿: ichiro | 2005/12/02 12:41

コメントありがとうございます、ichiroさん。
幼稚園に入ってしまえば必要ないかもしれないですね。
うちでは、次女が風邪を引いた時にも時々使いますが、それほど機会が多いとは言えないです。

ただ、もしお知り合いに小さな赤ちゃんがいて、この小道具を知らない人がいたら推薦してみて下さい。必ず感謝されると思いますよ。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/02 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/7425782

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻水吸引機:

« 娘の誕生日 | トップページ | Google Maps API »