« コンスタンティン | トップページ | クリスマス »

2005/12/24

トゥルー・コーリング

今日はクリスマスイブですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
こちらは雪、雪、雪。道路の両脇に除雪車が積み上げた雪が山になって、道幅も極端に狭くなっている上に、歩道が使えないので車道に歩行者がいます。こんな状況で外出するなんて、事故を起こすもとです。「君子、危うきに近寄らず」という言葉通り、君子ではないですが真似をしてみました。ということで、昨日に引き続き、レンタルビデオ屋さんで借りたビデオの感想を書きます。

「24」の次に結構有名になった作品で、民放で放送もされていたそうですが、僕は最近知りました。「i, Robot」におまけとして1話分が入っていたので、そのまま続けてみたのがきっかけです。何気なく見ているととてもいい感じのドラマで、はまってしまいました。是非続きが見たいと思っていたのですが、なかなか「貸し出し中」でない時に出会わず、ずいぶん待たされました。

簡単にストーリーを説明すると、不思議な力を持つトゥルーという女の子が、遺体安置所で働いていると、運ばれてきた遺体が「Help me!」とお願いします。すると、トゥルーの一日が巻き戻され、遺体となっていた人が生き返っている。そこで、トゥルーはこの人が死なないように奮闘するというお話です。

この物語は、米国作品特有の「最後は必ずハッピーエンド」というのとは違って、色々考えさせてくれます。無理な設定もありますが、一日をもう一度やり直せても必ず良い事ばかりになるとは限らないのだろうということを、上手に見せてくれます。
面白い作品なので、見た事無い人はレンタルショップへGo!です。

現実の僕たちは一日をやり直す事なんてできないので、明日のために一日一日を精一杯生きるだけです。

|

« コンスタンティン | トップページ | クリスマス »

コメント

レビュー記事いつも参考にさせていただいてます。

>道路の両脇に除雪車が積み上げた雪が山になって

20年ぶりの大雪だとかで,思い出してみると確かに小学生の頃は上記のような状態でした。(新潟市)

こちら(茨城)は反対に乾燥がひどいです。喉がやられそうなので加湿器が欲しいところ。なかなかバランスよくはいかないものですね。

投稿: gena | 2005/12/24 23:13

genaさん、コメントありがとうございます。
島根でも昔は大雪があったけど、やっぱり子供の頃と大人になってからじゃ感じ方が違いますね。子供の頃は雪がうれしくてしかたなかったけど、今ではうんざりです。うちの子供も大喜びしているけど、大きくなったらうんざりするんだろうか。

うちは加湿器使ってますよ。ファンヒーター付けて、加湿器付けているので、とても無駄に感じます。石油ストーブなら上にやかん置いとけばいい話なのにと考えずにはいられません。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/25 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/7810409

この記事へのトラックバック一覧です: トゥルー・コーリング:

« コンスタンティン | トップページ | クリスマス »