« ウクレレと歌と思い出 | トップページ | 豪雪 »

2005/12/13

精神年齢の低い人

僕の子供は、何でも自分中心です。上の子は下の子が褒められると「私もできるよ」と言って、妹が褒められたことと同じ事をして褒められようとします。下の子は上の子ができることを自分もできるようになったら、「私もできるよ」と言って褒められようとします。

会社にいる変な人は、何でも自分中心です。他の人の雑談に入ってきては、「俺はこんなことができる」と言って自慢します。誰かが褒められているのを見ると、「だったらこんなことはできるのか?」と無理難題をふっかけて自分の力を誇示します。
誰も興味の無い話をしては、「会話ができない」と言ってその興味が無い人たちを蔑む。

本人はすごくしたり顔。周りはすごくあきれ顔。

誰かがその人に意見しようものなら、正しい意見であろうとなかろうとねじ伏せます。そして、結果的に言われた意見が正しかったら、「最初からそう言っていた」と臆面も無く話します。

人が成功させた仕事の話になると「あれは俺のアイディアだった」と言いふらし、失敗した人を見つけては「馬鹿だ」「阿呆だ」と罵る。

意見が衝突すれば怒り狂って席を立つのに、立場が変わって他の人が怒って席を外すと「大人げない」と馬鹿にする。

わからない事があって質問をすると「何の事を言ってるんだか全然わからん」と言っては軽蔑の眼差しを向け、自分がわからない事を聞く時は、始めだけ人の話を聞くとすぐに論点をすり替えて、相手のわからないところを探して突き、「自分の方が良く知っている」という結末になるような話し方をする。

常日頃、自分の経歴を自慢しながら、自分は謙遜していると信じて疑わない口ぶりに、ほとほと辟易させられます。

そして反省する事も無く、毎日同じ話を繰り返す。その行動は「俺はいいけど、他の人はだめ」というそのもの。
きっと、まともな教育を受けてこなかったのでしょう。精神年齢は極めて低く、知識ばかりで知恵が無く、日に何度も同じ過ちを繰り返しています。

こんな人にはなるまいぞと、固く決心させてもらえるいい反面教師です。

051213-1008ところで、今日は筆舌に尽くしがたいほどの大雪でした。雪は嫌いではありませんが、せめてこんな気分の晴れない日には降ってほしくないものです...

|

« ウクレレと歌と思い出 | トップページ | 豪雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/7602640

この記事へのトラックバック一覧です: 精神年齢の低い人:

« ウクレレと歌と思い出 | トップページ | 豪雪 »