« 豪雪 | トップページ | クリスマス会 »

2005/12/15

情報セキュリティアドミニストレーター試験

去年、午後の問題を580点で逃した試験(600点が合格ライン)を今年も受け、今日がその合格発表でした。

結論から言うと、「合格」でした。

簡単に試験の説明をすると、会社の情報資産を不正行為や災害からどのように守り、保護していくかという技術を問うもので、午前(選択)、午後1(記述)、午後2(記述)で朝から夕方まで一日がかりの試験です。

自分で言うのもなんですが、テストの分野においてあまり「不合格」というのを経験した事がありません(色恋事や就職については不合格という苦い経験だらけですが...)。そして、合格まであと一息というところでの去年の不合格は、僕にとって非常に辛く感じられました。

それから1年、リベンジとして受験するのだから負けるわけにはいかないと、8月から過去問題を解く毎日でした。そのうち、問題を読まなくても、年度と出題番号がわかれば答えがわかるようになってしまい、だんだん勉強の意味がなくなってきました。
そして、予想問題を見つけては解くという勉強にシフトして、試験前日まで勉強し続けました。試験前日には、出題傾向をほぼ完璧に把握し、どんな問題がきてもOKと自信満々で、「僕が落ちたら誰も受からない」と心の中で思っていました。

ところが...いざ試験を受けてみると、なんだかかってが違います。必死に解いてきた問題とは傾向が変わり、技術系の僕にはなんだか取っ付きにくいような問題ばかり...終わってみると「落ちたな...」と肩を落として帰路につく僕の姿がありました。
しかし、結果を見て感無量です。成績は午前 655、午後1 680、午後2 615で、とても余裕というわけではありませんでしたが、合格に変わりはありません。

でも、思い返してみると、この合格にはとても大きなケチが付きました。それは先日の瞬停後によるHDDの破損です。バックアップも無く、予備系のシステムも用意しておらず、未だに完全復旧に至っていません。全部この資格試験で出題される問題のある事例そのものではないですか...
このことから、「資格取っても、実力無いじゃん」と言われても仕方なく、色々な企業が採用の判断基準に資格を用いない理由がよくわかりました。

これから資格を取ろうとしている方や自分自身へのアドバイスとして一言。
「資格は目安であって最終目標ではありません。合格しても安心せず、次なる高みを目指して日々精進を続けて下さい。」

|

« 豪雪 | トップページ | クリスマス会 »

コメント

まずは,合格おめでとうございます!
1日がかりの試験で集中力を持続させるのが大変そうですね。私は基本情報技術者でヘトヘトでした。

それにしても大雪すごいですね。雪かき大変だと思いますが頑張ってくださいませ。

投稿: gena | 2005/12/15 21:38

genaさん。
ありがとうございます。本当、合格できてうれしいです。
本職ではないので自分の実力を測るのが難しいから、こういう資格試験はいい目安になって便利です。

統計情報を見たら、僕の受験した県では合格した人が9人でした。でも、首都圏では1000人近い人が合格していて、改めて人口の差を痛感させられます。また、そんな地域だと実感させる、雪でもあります。
一昨日と昨日は高速道路もJRも利用できず、まさに「陸の孤島」状態になってました。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/16 06:17

すごいじゃないですか!
おめでとうございます。やっぱり、相当勉強されていますね。
資格は、確かにとったからといっても価値があるかどうかわかりませんが、
体系的な理解は深まると思っています。そして、やっぱり、ないよりはあったほうが良いですし。
去年の雪辱ができて良かったですね。

投稿: ichiro | 2005/12/16 12:37

ichiroさん。
ありがとうございます。正直なところ、これまでの人生の中で一番自発的に勉強したような気がします。これからはこの資格取得で勉強した内容を実践できるよう心がけたいと思います。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/16 17:10

おめでとうございます。私には到底真似できないです。

いや、まぁ正直、実際のシステムでそれじゃあ意味ないかもってちょっぴり思ってしまいました(笑)

私はSE時代に、『ホワイトボード賞』をクライアントさんから頂きました。他社がサービス開始と同時にトラブル続きだったのですが、私のいたチームはずっと無事故だったんです。

クライアントに喜んでもらえるっていうのが一番じゃないかなと。

という訳でこれからも前向きに頑張ってください!

投稿: K2nd | 2005/12/16 21:46

K2ndさん。
コメントありがとうございます。また、言われる事全くもってその通りです。
こうした資格を取るために勉強した内容を少しでも、実務に応用できるよう考えていきたいと思っています。

仕事でサーバーを立ち上げているという自覚が足りませんでした。自分で作って、同僚に利用してもらっているようなシステムだからということで「自宅サーバー」と同じような扱いをしていたのが、そもそもの間違いでした。
利用者が困らないよう万端の準備を整えておくというのは大前提ですよね。
これを教訓に、自宅でも不測の事態に備えてバックアップを取りやすい環境を構築中です。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/17 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/7636803

この記事へのトラックバック一覧です: 情報セキュリティアドミニストレーター試験:

« 豪雪 | トップページ | クリスマス会 »