« 暴走車と暴走者 | トップページ | データのサルベージ »

2005/12/06

不幸が続く日々

それは、昨日の夜からでした。

夜勤のため日曜日の夜から出勤なので、昼寝をしたとは言え眠たい眼をこすりながら職場へ行きました。
週初めの点検のために地下の機器室で、ガスの圧力や冷却水の流量、エラーの有無を確認していると、「バシン、ピシュー、ヒューーーーーン」という音と共に機械が停止し、照明が消えました。

慌てて機器室から出ようとすると、電気が無いためエレベーターが動作しない。更に慌てて守衛さんのいる中央監視室に電話をすると、落雷のため全館内が停電し、現在非常電源が動作中であるとのこと。やがて、管理区域内から出ると、外から「ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ....」という音がかすかな地鳴りと共に聞こえてきます。
出口のドアの先にある制御室では、「ピロピロピロピロ.....」とか「ポーン、異常が発生しました。ポーン、異常が....」、「ピーーーーーーー....」という警報音のオーケストラ状態です。
ちょうど制御室に入ったところで、電話が鳴り、停電を気にした人から状況の説明を求められたが、急いで復旧しなくてはならないので、説明もそこそこで通話終了。

徐々に電気が戻ってくるとこれまた問題があり、扱っている装置のほとんどが電源投入手順通りの順序で復旧しないとまともに動いてくれないのです。そこで、機器室他の現場と制御室を往復しながら、復旧対応に追われ続けて朝が来てしまいました。

しかし、僕が構築したデータベースシステムが起動しない。どうもハードディスクがやられたみたい。ぐあ!まともにバックアップを作成していない!というより、バックアップが保存されているハードディスクも同じPCに入っているから、まともに動くか心配。しかも館内のネットワークもゲートウェイが一つつぶれたため、ネットにもつながらない!情報収集がうまくできない。

と慌ただしい勤務が終わって、帰路につきました。疲れすぎていたので、こたつに入りながらそのまま寝入ってしまいました。

また夜になって出勤の時間がやってきました。前日の疲れも残ったままなのに、やらなくてはならないことが山積しているので、重い足取りで職場へ向かいました。

雪が降る中、職場へ到着し、車を降りるとタイヤから「シューーーー」という音が...運転席側の前後輪から空気が漏れているではないですか...慌ててJAFに電話すると、「うちは修理はしないんで明朝にもう一度連絡をいただければ、修理するところまでレッカーで持って行きますよ」と言われるだけ。確かに、夜中の0:00に何ができるということもない。

何でこうも不幸は一度にやってくるんだろう。もうちょっと時期をずらしてくれたら心労も少なくて済むのに。

昨日壊れたPCを見てみると、2台あるHDDのうち1台はご臨終みたい。別の媒体から起動してみると「Buffer I/O Error」とか出てるので、僕がどうこうして直せるレベルでは無い感じ。しかーし、この潰れたHDDにこそ重要なデータが山ほど入っているのです。HDDの中身をサルベージしてくれる業者を探して依頼してみようと思いますが、きちんと復活させることが出来るのでしょうか。

まだ暫く憂鬱な日々が続きそうです。

051205-2343関係ないけど、かみさんと義母さんが作った自家製キムチを知人にあげたらしく、そのお礼にと大量の山芋をもらってきた。
これから暫く山芋メニューが続きそうです。(山芋は好きなので、これは別に不幸ではないです。)

|

« 暴走車と暴走者 | トップページ | データのサルベージ »

コメント

不幸の後には、幸福が待っています。
そう思うようにしています。というか、そう思わないとやっていられません。
それにしても、ヒドイ状況ですね。データが復旧できると良いです。
私もビルがいきなり全館停電になったことがあります。その時はビビリました。
救いだったのは、全サーバが生きていたこと。
バックアップの大切さを思い知らされました。

投稿: ichiro | 2005/12/06 12:45

この雷はあらゆる所に被害が出てます。今日、①午前に子供の園の発表会の一部にパソコンに入っている園生活の様子をスクリーンに映し出して観賞する時間があったのですが、何故か昨日の雷のお陰でうまく接続されなく、集まった親が見たのは「データーが入力されてません」のエラーメッセージ・・・②昼に実家(店をしてます)へ電話をすると何度かけても通話中!直接行くと、雷でアイビックスさんの警備装置も電話も本社と繋がっているレジも全て接続されず、携帯電話が活躍中の慌しい状況③午後より出勤すると管理している物件の顧客よりエアコンが故障しているとの苦情・・・(電気屋さんが修理してくれましたがヤハリ雷のせい)しかし、すべて、自然災害が原因なので仕方が無いのかもしれませんが、パソコンを初め便利になっていくオンライン化にばかり頼りすぎてイザと言うとき困りますよね。オール電化にしたけど本当に大丈夫かな
ぁ~

投稿: 0306 | 2005/12/06 13:58

ichiroさん、コメントありがとうございます。
バックアップは大切ですよね。前にも停電があったのですが、その時は問題なく復旧できたので安心してしまっていました。
バックアップを用意すると共に、きちんとしたUPSも準備する方向で進んでいます。

0306さん、コメントありがとうございます。
作ってしまってから言うのは何ですが、ライフラインを1系統に統一するというのは何となく心配ですよね。電機関係の業種にありながらこんなこと言うのも何ですが、オール電化は危険だと思っています。確かに、今の日本の電気事情は他国とは比べ物にならないほど安定していて、停電などほとんどありません。しかし、地域性はあると思います。落雷の多い地方では、どうしても停電する時がありますし、落雷の影響で電気機器が壊れる事は避けられません。
ま、最近のガス設備も電気がないと動かないから、同じと言えば同じかもしれませんが...

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/06 20:02

北陸の冬季雷は怖いですよね。復旧作業大変だと思いますが頑張ってください。
ウチのようなマンションだとオール電化でなくても,電気が止まったらガスも水も止まってしまうのでそういう点ではリスクが高いです。
新潟の実家では普段は灯油ファンヒーターとエアコンですが,災害時用に原始的な灯油ストーブも稼動状態で残しているそうです。雪国で暖が取れないと命に関わるので,なるほどなと思いました。

投稿: Gena | 2005/12/06 22:08

Genaさん、コメントありがとうございます。
オール電化は怖いなどと言っていますが、うちも子供が気になるので灯油ストーブなどは用意できず、結局電気がなくなったら布団の中で体を温め合うしかないのが現状です。
今すぐ電気を使わない生活なんて出来るわけないから、割り切ってオール電化ってのも選択肢としては仕方ないのかなぁ...とあっという間に持説が曲がってしまいました。

投稿: きむらしのぶ | 2005/12/07 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/7488549

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸が続く日々:

« 暴走車と暴走者 | トップページ | データのサルベージ »