« 健康と病 | トップページ | 第二種電気工事士 免状到着 »

2005/11/02

牛肉輸入再開?

先日、米国産牛肉の輸入を再開しないと日本からの輸入品について関税を上げるという話をニュースで見ました。
きちんと管理しないから安くできる粗悪品を、健康に危険があるからという理由で購入してもらえないことを棚に上げて、制裁措置を行なうなんて...一部の政治家の利益のために侵略戦争をする国だから、これぐらいかわいいものだと言われてしまえばその通りなのですが...

なんだか、いじめっ子といじめられっ子の関係みたい。例えばジャイアンとスネオで、仲はいいんだけど一緒にいても結局いじめられてる。

|

« 健康と病 | トップページ | 第二種電気工事士 免状到着 »

コメント

スネオとジャイアンでも、やはり強弱だけでなく、必要としている相手なんでしょうね。人間(国)一人(独立?孤立?)で生きて行くにはよほどの力がないと無理ですよね。力だけが強くなって行くのも問題だろうし・・・、米国産牛肉の輸入を再開する事によって吉牛の牛丼が食べれるかぁ~なんて単純に喜んでる私の
レベルの低さを感じます。

投稿: 0306 | 2005/11/02 11:20

うちは、かみさんがとても食生活にうるさいので、多分吉野家に行く事はないようです。

投稿: きむらしのぶ | 2005/11/04 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/6841932

この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉輸入再開?:

» 【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?) [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジョン・スタウバーさんの資料に以下の件がありましたので、転載させていただきます。 >毎年約100万トンの鶏の糞尿が牛に与えられている。鶏舎の床などから掃き集めるため、これに肉骨粉入りの飼料が混入している可能性は大きい。F... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 12:22

« 健康と病 | トップページ | 第二種電気工事士 免状到着 »